Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ時代の仏教とは―? 『ぶっちゃけ寺』の千葉公慈住職に聞く 葬儀や法要、簡素化進む

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 新型コロナウイルスとの闘いは、いまだ一進一退が続く。命を脅かすばかりか、経済活動へも深刻な影響を及ぼし、新しい社会システムの構築が急がれている。仏教の世界においても葬儀や法要の簡素化が進むなど、日本人の仏教との向き合い方に変化が出始めた。テレビ出演や講演、著書などを通じ仏教の教えを分かりやすく説く東北福祉大学学長(仙台市)で、曹洞宗宝林寺(市原市朝生原)住職の千葉公慈さん(55)に「コロナの時代」に仏教が果たすべき役割や、今後の在り方について聞いた。(聞き手 市原支局・坂巻洋一)  -そもそも仏教の教えとは  この世に生まれ死ぬまでの間に人間は何ができるのか、どう生きるのか、どうあることが人として存在する意味なのか。これを考えるのが仏教の原点です。生きている間、どう幸せに生きるか、どう生きるべきかを教え、それをわれわれが考えるのが本来の教えです。  日本の仏教は、いかに健康に、心豊かに生きるかを表裏一体と考えてきました。心と体が健やかに生きる知恵は、例えばお正月やお盆に旬の食事をいただいて健康を祈るとともに祖先の霊を癒やすなど、今も随所に受け継がれています。  -病気との闘いで仏教が果たしてきた役割は  多くの僧侶が、今で言うところの医学、薬学に関する知識を仏教の教えとして大陸から輸入してきました。お坊さんも、修行として傷病者の治療に当たってきました。けがや病人の治療に当たる、これには介護も含まれます。看病と介護、まさに福祉という考え方で、修行として行われてきました。  古来、人々は病気は魂がくたびれるためと考えたようです。魂がくたびれる、疲れる、何かにとりつかれて病になるという考え方ですから、魂を元気にしてあげることが病気やけが、特に病気を治すと考えました。  ですから、病気を治すということは心を救うことと同じ意味を持っていました。人々を救うため、僧侶は修行と捉えていたということです。

【関連記事】