Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フリーランスや個人事業主の確定申告について考えてみましょう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

そうであれば青色申告へ変更してもよいのでは。その際に注意することは?

いずれにせよ帳簿をつける必要があるのですから、帳簿や申告に関わる手間がさほど変わらないのであれば、青色申告に変更するのも1つの方法ではないでしょうか。 所得税のメリットだけでなく、住民税も総所得から各種経費を控除した、課税所得に応じて計算されるため、青色申告特別控除を適用することで減らすことができますし、国民健康保険加入者の方であれば、基準となる所得金額から65万円の控除額を引いた金額で計算することになります。 青色申告に変更する場合は、上記で述べたとおり管轄する税務署に「青色申告承認申請書」を出す必要があります。 すでに個人事業主として開業している人であれば、来年の3月15日までに青色申告承認申請書を提出しなければなりません。遅くとも今年の確定申告をするときに一緒に提出できるように今のうちから申請書の準備だけではなく、記帳などの準備もしておきたいですね。 また、令和2年の申告から青色申告特別控除は、現在の65万円から55万円に引き下げられます。しかし、各帳簿の電磁的記録の備え付けや保存およびe-Taxを使用して申告を行えば、今年と同額の65万円の控除が受けることができます。

税金だけの問題ではありません

青色申告で帳簿を作成することによって、ご自身の事業の状況が客観的な数字で、クリアになります。 節税目的だけでなく、ご自身の事業をきちんと把握する意味においても、青色申告は有効な手段ではないでしょうか。 執筆者:田久保誠 田久保誠行政書士事務所代表

ファイナンシャルフィールド編集部

【関連記事】