Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

独失業者数、6月は前月比+6.9万人 予想ほど増えず

配信

ロイター

[ベルリン 1日 ロイター] - ドイツ連邦雇用庁が発表した6月の失業者数は予想よりかなり小幅な増加にとどまった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による雇用情勢の悪化懸念が和らいだ。 6月の失業者数(季節調整後)は前月比6万9000人増加し294万3000万人。失業率は6.3%から6.4%に上昇した。 ロイターがまとめた市場予想は、失業者数が12万人増、失業率は6.6%だった。 雇用庁のシェーレ長官は「労働市場は依然、パンデミックに圧迫されている」とした上で、時短労働が労働市場を安定化させていると説明した。 ドイツには短時間労働制度(Kurzarbeit)があり、今回のように景気の局面で大量の失業者発生を防ぐため、雇用者に時短労働への切り替えを認めている。

【関連記事】