Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

親の介護は突然やってくる…離職や費用の問題に直面した3人の場合

配信

LIMO

介護を理由に離職する人が年間10万人近くいることをご存知ですか?  総務省統計局が公表している「平成29年就業構造基本調査」では、介護や看護を理由に離職した人が9万9千人※という結果となっています。介護による離職は社会的にも大きな問題となっていますが、いずれやってくる親の介護問題、早めに考えておきたいものです。 そこで今回は、親の介護に直面した3人に話を聞きました。 ※介護・看護のために過去1年間に前職を離職した者

ケース1:突然介護が必要になり夫と揉めた

40代のAさんは金融機関で派遣社員として働いていましたが、実父の介護のために仕事をやめました。転倒したときのケガが思ったより重く、介護が必要な状態になったと言います。Aさんはお母さんを早くに亡くしていたため、一人で暮らしていたお父さんを支えるために退職を決めましたが、離職するにあたっていくつかの問題があったそうです。 「夫に仕事をやめると言ったら、『お義父さんの面倒を見るのにはお金もかかるのに、なんでやめるんだ』って。たしかに、派遣社員とはいえ週5日フルタイムで働いていて、手取りベースの収入は月25万円前後。それが急になくなると家計に響くというのは理解できる。でも、一人で何もできない父親を放っておくことはできない」と悩んだAさん。 「それでかなり揉めて、一時期は口もきかなくなってしまった。高校生になる娘が私の気持ちを汲んでくれて『お母さんは、おばあちゃんを早くに亡くしていて親孝行できる人はもうおじいちゃんしかいないんだよ』と言ってくれて、夫も降参。それで仕事をやめることになった」とのこと。 しかし、Aさんは離職したことを後悔していると言います。 「親孝行したいという気持ちは強かった。その一方で、早まったかなとも思っている。たしかに父親は足が不自由になったけれど、家をリフォームして手すりをつけたり、段差をなくしたりして工夫をすれば、仕事をやめるまでしなくてよかったかもしれない。派遣社員とはいえ、この年でまた仕事を探すのは大変」と話していました。 高齢になってからケガをするとそのまま要介護の状態になってしまうことは少なくありません。しかし、Aさんの言う通り、住宅の設備を整えたり、出勤日数を減らしたり、旦那さんや娘さんと協力することで介護と仕事を並行できたかもしれません。 ただ、このように突然介護が必要な状態になると、冷静にはなれないもの。予想外のケガなどで要介護の状態になる可能性があることとも考慮して、早めに、できれば自分が30代で親がまだ元気なうちから介護が必要になったときの方針を考えておいたほうがいいでしょう。

【関連記事】

最終更新:
LIMO