Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「エールポスト」福島で除幕!生家跡そばに新たな観光スポット

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
福島民友新聞

 NHK朝ドラ「エール」のモデルとなった福島市出身の作曲家古関裕而にちなみ、同市大町の生家跡そばの郵便ポスト(チェンバおおまち北側)が「エールポスト」に刷新され、14日、除幕された。音符やピアノなど古関をテーマにしたデザインに加え、来年8月末までに投函(とうかん)された郵便物には、古関をモチーフにした特別消印が押されることから、新たな観光スポットとして期待される。  古関と妻の金子(きんこ)は、3カ月間で百数十通の文通を交わした末に結婚したというエピソードがある。今回の取り組みは、「頑張っている人への応援の手紙」や「応援してくれる人への感謝の手紙」などを投函し、古関の業績に思いをはせようと、福島市商店街連合会などでつくる実行委員会が企画した。

【関連記事】