Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤井聡太二冠、渡辺明名人との合計五冠対決に勝利!団体戦初V・大会3連覇に王手/将棋・AbemaTVトーナメント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 プロ将棋界初の早指し団体戦「第3回AbemaTVトーナメント」の決勝トーナメント決勝、チーム渡辺VSチーム永瀬が8月22日に行われ、第4局でチーム永瀬・藤井聡太二冠(18)が、チーム渡辺のリーダー・渡辺明名人(棋王、王将、36)に勝利した。棋聖戦でもタイトルを争った将棋界の中心人物同士の対決は、相矢倉からの激しい戦いになったが、藤井二冠の鋭い手が炸裂。チームは4連勝で、優勝賞金1000万円に王手をかけた。 【動画】笑顔の永瀬二冠、藤井二冠、増田六段  将棋界大注目の対決は、またしても若き天才棋士の勝利で終わった。7月には棋聖戦五番勝負でタイトルを争い、藤井二冠の最年少タイトル獲得に終わったが、その後に渡辺名人が初の名人獲得で三冠復帰。その後、藤井二冠も最年少二冠を達成するなど、合計五冠という豪華対決となった。  超早指し戦では初対決となったが、戦型は棋聖戦でも似たような出だしに。藤井二冠は「序盤はいろいろあるのかなと思いましたが、結果的に近い展開になりました」と振り返ったが、渡辺名人からの好手にも耐えながら、持ち駒の角を自陣に打ち込み守備を固めると、その角を最後は攻めに使う巧みさを見せた。「途中うまく攻められて自信がない展開だった」とはいえ、終わってみれば最年少二冠の充実ぶりがさらに際立つものになった。  永瀬拓矢二冠(27)、増田康宏六段(22)という若さと勢い、棋力が揃った優勝候補チーム筆頭のチーム永瀬。エース藤井二冠が、期待どおりの活躍ぶりでチームを優勝にあと一歩まで導いた。 ◆第3回AbemaTVトーナメント  持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで対局。全12チームが4つの予選リーグに分かれて戦い、各リーグ上位2位までが予選通過。決勝トーナメントは5本先取の9本勝負で行われ、勝ち越しが決定した時点で終了する。1チームは3人で、各棋士は1試合につき最低1局、最大3局の範囲で指す必要がある。対局者は各対局前に決定する。優勝賞金1000万円。

【関連記事】