Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

歩車分離交差点で斜め横断いいの? 「スクランブル」はOKだが...渡ったらどうなる

配信

まいどなニュース

 交差点内の全ての歩行者用信号が一斉に青になる「歩車分離方式」の交差点で斜め横断をする人がたくさんいるが、法律違反にならないのか―。京都新聞社の双方向型報道「読者に応える」に疑問が寄せられた。横断歩道を所管する京都府警交通規制課に取材した。 【図】斜め横断できるスクランブル交差点とできない交差点  同課によると、一般的な歩車分離の交差点では、斜めに横断することは法律違反になる。道交法第12条第2項に「歩行者は、交差点において道路標識等により斜めに道路を横断することができることとされている場合を除き、斜めに道路を横断してはならない」と定められている。警察官の指示に従わずに斜めに横断した場合は「2万円以下の罰金または科料が科せられる可能性がある」という。  ただ、歩車分離の中でも、斜め方向に白線の道路標示がある「スクランブル方式」の交差点は例外で、斜めに横断しても違反ではない。東京都渋谷区の渋谷駅前のスクランブル交差点が有名で、京都市内では下京区の京都駅北側の交差点などが該当する。  京都府内には、歩車分離の交差点が114カ所あり、うち5カ所がスクランブルだ(昨年末時点)。どの方式を導入するかについて、同課は「交差点の形状や交わる道路の主従関係、歩行者の数、車両の交通量などを勘案し、歩行者の安全と利便性、交通への影響を総合的に見てベストな方式を判断している」と説明する。  たとえば京都駅北側のスクランブル交差点は「大量の歩行者が通過するため、安全を確保しながら速やかに横断させることがベスト」とする。一方で、歩行者の多い四条大橋東詰の交差点(東山区)が、スクランブルでなく一般的な歩車分離なのは「歩道に縁石や柵があり、地下を京阪電車が通るなど、新たな信号設備の工事がしにくい構造上の理由もある」という。  歩車分離やスクランブル導入の要望について、同課は「交通規制課か最寄りの警察署に相談してほしい」としている。 ▼どなどな探検隊 パートナー協定について  まいどなニュースはオンデマンド調査報道の充実に向けて、北海道新聞、東奥日報、岩手日報、河北新報、東京新聞、新潟日報、信濃毎日新聞、中日新聞東海本社、福井新聞、京都新聞、神戸新聞、中国新聞、徳島新聞、テレビ西日本、エフエム福岡、琉球新報と連携協定を結んでいます。 「どなどな探検隊」に寄せられる取材リクエストのうち、取材対象地域外に関するものなどは各社と情報を共有。北海道新聞の「みんなで探る ぶんぶん特報班」、 東奥日報の「あなたの声から『フカボリ』取材班」、 岩手日報の「特命記者-あなたの疑問、徹底解明-」、 河北新報の「読者とともに 特別報道室」、 東京新聞の「ニュースあなた発」、 新潟日報の「もっと あなたに―特別報道班」、信濃毎日新聞の「声のチカラ」、 中日新聞東海本社の「Your Scoop みんなの『?』取材班」、福井新聞の「みんなで発掘 ふくい特報班」、 京都新聞の「読者に応える」、神戸新聞の「スクープラボ」、 中国新聞の「こちら編集局です あなたの声から」、 徳島新聞の「あなたとともに~こちら特報班」、 西日本新聞の「あなたの特命取材班」、テレビ西日本の「福岡NEWSファイルCUBE」、 琉球新報の「りゅうちゃんねる~あなたの疑問に応えます」の記事を相互交換し、新聞や自社のウェブサイトに随時掲載します。 (まいどなニュース/京都新聞・天草 愛理)

まいどなニュース

【関連記事】