Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福井で好記録連発のなぜ ケンブリッジ飛鳥、桐生祥秀らを乗せた「風とエンタメ性」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

好記録が続出した「アスリートナイトゲームズイン福井」

 陸上のアスリートナイトゲームズイン福井が29日、9.98スタジアム(福井県営陸上競技場)で開催された。男子100メートルではケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒03と自己ベストを更新して初優勝。女子100メートル障害でも、青木益未(七十七銀行)が、追い風参考2.1メートルながら、従来の日本記録(12秒97)を上回る12秒87をマークした。好記録が連発した背景には、会場の独特の風と日本の陸上界では珍しいエンタメ性を含ませた大会運営があった。 【画像】桐生との差は僅か… 3位は誰? レースの全順位  同大会は福井陸協が独自開催するもの。資金はクラウドファウンディングを行い、初年度だった昨年は785万円が集まった。今年も462人から目標を超える640万7000円が支援されている。会場の福井県営陸上競技場は、桐生祥秀(日本生命)が2017年に日本勢初の9秒台、9.98を叩き出した場所ということから、愛称が「9.98スタジアム」に決まっている。  同会場の特徴は、ホームストレート方向にいい追い風が吹くこと。実施する競技は男子走り幅跳びと、男女の短距離レース。地の利を活かせる競技に絞っている。  昨年は男子走り幅跳びで城山正太郎(ゼンリン)が8メートル40、男子110メートル障害で高山峻野(ゼンリン)が13秒25をマークし、それぞれ日本新記録を樹立。女子100メートル障害でも寺田明日香(パソナグループ)が13秒00と、当時の日本タイ記録を打ち立てている。  そして今年も好記録が連発した。まずは女子100メートル障害。予選で追い風参考2.3メートルながら、寺田が日本記録12秒97を上回る12秒92で全体1位になると、決勝でも追い風参考2.1メートルで12秒93を記録。その寺田を青木が決勝では上回り、12秒87で優勝した。  男子110メートル障害でも2018年日本選手権王者・金井大旺(ミズノ)が日本歴代2位となる13秒27で優勝。最後を飾った男子100メートルではケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が自己ベストを3年ぶりに更新。予選で10秒05をマークし、決勝では日本歴代7位の好タイムで優勝した。

【関連記事】