Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

心和む「リアルかかし」 郡山の水田、今年もお目見え

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
福島民友新聞

 福島県郡山市下白岩町の水田にまるで生きているかのようなリアルなかかしが今年もお目見えし、稲の生育を見守っている。  制作したのは同市の農業大和田正幸さん(70)。田んぼの稲をスズメなどから守ろうと、10年ほど前から毎年、工夫を凝らしたかかしを制作し、近所でも話題になっている。  今年は60アールの田んぼの3カ所に計約30体のかかしを置いた。野外で人々が宴会を楽しんだり、子どもが三輪車で遊んだりしている光景が見られる。大和田さんは「新型コロナウイルスで大変な時期だけに、見た人が少しでも心を和ませてくれれば」と話している。かかしは10月中旬ごろまで設置予定という。

【関連記事】