Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

柔道金メダリストからアイスクリームの世界へ、松本薫さんのセカンドキャリアを決めた「先を考える力」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

31歳で柔道を引退後、現役時代から所属する会社で「乳製品・卵・小麦粉不使用」のアイスクリームの製造販売をする五輪金メダリストの松本薫さん(32)。2児の子育てと仕事を両立しながら切り開いた、まったく異なる世界でのセカンドキャリアを支えたのは、現役時代から培った「先を考える力」でした。「何歳になっても年下からも教えてもらえる人でありたい」と話す松本さんのセカンドキャリアを聞きました。(ライター・小野ヒデコ) 【画像】元“野獣”松本薫さんから届いた直筆メッセージ アイスクリーム屋になって見せた笑顔

勝利への貪欲さがなくなっていった

<勝ち進んでも「つまらない」と感じてしまった。気持ちの変化に、自分自身が一番戸惑った> リオデジャネイロ五輪出場後、結婚しました。「子どもができたら柔道を続けよう、子どもができなかったら柔道をやめよう」と決めたところ、第一子を授かり、柔道を続けることを決意しました。 その背景にあったのは、出産後に現役復帰する女性アスリートが少ない中で、事例を増やしたいという思いでした。産後1カ月で練習を再開し、夫と協力しながら、子育てと柔道の両立を図りました。 2018年8月、産後2回目の試合となった全日本実業柔道個人選手権大会がありました。これまで寝ても覚めても「どう勝つか」を考え、練習も人一倍励んできました。それなのに、勝ち進んでいくうちに、「つまらない」と思ってしまったんです。初めての感情に、自分自身が一番驚き、戸惑いました。 実は大会の前、子どもの体調不良等で満足に練習することができませんでした。それなのに、“勝つことができて”しまったのです。「練習ができていない自分でも勝てるんだ」と思ったことで、勝利への貪欲さが色あせていくのを感じました。 結果的に決勝戦まで進んだのですが、「もう(勝たなくても)いいかな」と思っていました。その時点で、勝負師としてダメだと思いましたね。その気持ちが競技にも表れ、決勝戦で敗れました。 それでも、まだ東京五輪を見据えていました。同年11月、五輪出場への切符がかかった柔道の全国大会「講道館杯」に出場しましたが、気持ちに火はつきませんでした。 初戦の最中、頭の中はとてもクリアで、「勝ったら、次も戦わなくちゃいけないんだよな」と考えていたことを覚えています。この試合は9分にも及ぶ長丁場となったのですが、「まだ試合が続くのか」とも思っていました。 結局、この1試合目で敗退するのですが、負けた瞬間「やっと終わった!よし、次に行こう」って思ったんです。そして翌年の2019年2月に、正式に現役引退を発表しました。

【関連記事】