Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「来シーズンも熱いプレーで」…群馬クレインサンダーズ、主将・佐藤文哉との契約継続を発表

配信

バスケットボールキング

 6月2日、群馬クレインサンダーズはキャプテンを務める佐藤文哉との契約継続を発表した。 【2020-21シーズン B2東地区ロースター】青森、仙台、山形、福島、群馬、茨城、越谷、東京Z  現在29歳の佐藤は170センチ73キロのポイントガード兼シューティングガード。仙台大学在学中の2013年3月より練習生として仙台89ersに帯同し、同年6月に正式に加入、2016-17シーズンまで同クラブでプレーした。翌シーズンからは群馬に活躍の場を移し、2018-19シーズンにはキャプテンに就任。今シーズンは47試合に出場して382得点(1試合平均8.1得点)を記録した。  佐藤は今回の発表に際し、クラブ公式を通して以下のようにコメントしている。 「来シーズンも群馬クレインサンダーズの一員としてプレー出来ることが決まりとてもうれしく思っています。 昨シーズンは不完全燃焼でとても悔しいシーズンとなってしまいました。  その悔しい気持ちを胸に、来シーズンも熱いプレーでチームのために戦いたいと思います。B1に行くという目標は変わらず、そのために一つ一つの練習、試合を大切にしてまたみなさんと共に戦っていきたいと思いますので、これからも熱いご声援よろしくお願いします。 元気な姿でまたみなさんとお会いできる日を楽しみにしています」

BASKETBALL KING

【関連記事】