Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

孫に教育費を贈与したい!贈与税がかからない贈与の条件って?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

終活という言葉が一般化してきた今日この頃、お孫さんへ教育費を渡したいと考える方も多いかと思います。そんなとき、贈与税がかかってしまうと渡せる費用が減ってしまいますよね。 しかし、そうならない方法もあるのです。本記事ではその贈与税の特例に関して簡単に解説します。

まず贈与税とは?

人から人に、お金や金銭的価値のあるものを渡した場合は原則として「贈与税」がかかります。しかし、普段の生活費や親が支払う子どもの教育費などは贈与税がかからないものとして明示されています。 この生活費や教育費は実際にその目的に利用されていることが必要で、生活費や教育費という名目でお金を渡し、実際には不動産を購入といった場合には贈与税の申告をしなければいけません。

孫に教育費を渡す場合はどうすれば良い?

教育費を孫に渡す際に一定の条件を満たした場合、贈与税がかからない特例が用意されています。正式名称は「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度」といいます。 ・「直系尊属」:祖父母、父母など自分を中心とした父祖の世代のこと ・「教育資金の一括贈与」:教育資金として一括で受け取ること この制度を利用した場合、1人あたりの受け取る金額が1500万円まで贈与税が非課税とされます。条件を表でまとめると以下のようになります。

国税庁 「No.4512 直系尊属から教育資金及び結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の非課税制度の主な相違点」より筆者作成

まとめ

非課税制度を利用することで、孫などに教育費を非課税で贈与することができます。1500万円というと1人分の教育費の大部分を賄うことができるといえます。このような制度を上手に利用してみてはいかがでしょうか。 参考 国税庁 No.4512 直系尊属から教育資金及び結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の非課税制度の主な相違点 執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

ファイナンシャルフィールド編集部

【関連記事】