Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今だからこそ!資産運用の初め方をわかりやすく紹介

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

株価が急落した2月以降、ネット証券各社では口座開設が相次ぎ、SBI証券は全口座数が500万、楽天証券は400万を突破したそうです(日経新聞2020年4月5日の記事より)。 ネット証券の一番の売りは手数料の安さです。ネット証券は店舗がないため、コストを抑えることができます。それに対して、以前からある対面型証券会社はコストがかかります。 初心者で、いろいろ証券会社の人に聞きたい人は対面型の店舗がある証券会社がいいかもしれません。ある程度ネットに詳しい方で、口座開設の手続き等ができ、自分で商品を選ぶことができる方はネット証券がお勧めです。 株価が下がったこんな時だからこそ、投資を始めるには良いタイミングなのかもしれません。 ちなみSBI証券の確定拠出年金(iDeCo)のトップページには、「多くのお申込みをいただいておりますため、資料のお届けにはご請求から約1週間程度かかります」との表記(2020年4月15日現在)があります。 これは、今が確定拠出年金(iDeCo)を始めるのに良いタイミングだ、と判断した人がたくさんいるということです。

個別株だと何を買うか

では、今、何を買えば良いのでしょうか?投資初心者の人で、以前から個別株に興味のある人は、安くなっているメジャーな株を買うのがお勧めです。 メジャーな株とは、銀行や日本を代表するよく知れた電気機器会社などです。具体的には、三菱UFJ銀行やソニーなどが挙げられます。今は安くなっていても、倒産の可能性が低く、将来は株価が戻ってくる可能性が高いと思われます。 逆に、お勧めしないのは、新興株といわれる株です。具体的な会社名は記載いたしませんが、新興株は上がる時は大きく上がる可能性がありますが、逆に株価が下がった時は大きく下がり、そのまま買った金額まで戻ってこない可能性が高いものがあるからです。 それに対して、日本を代表するメジャーな株は大きく上がることが少ないかもしれませんが、大きく下がることも少ないといえます。ましてや、今はほとんどの株が大きく下げた後なので、ここから下がるとしても大きく下がる可能性が低いといえます。 なお、個別株はNISA口座を使って購入することができますが、iDeCoでは購入できないので、個別株を検討される方はNISA口座を利用していただければと思います。

【関連記事】