Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ソウル・フラワー・ユニオン、シングル「ラン・ダイナモ・ラン」配信開始 アルバム・リリース・ツアー開催も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 12月16日(水)に、2年ぶりのニュー・アルバム『ハビタブル・ゾーン』(CD XBCD-1054 2,800円 + 税)をリリースするソウル・フラワー・ユニオンが、アルバム・リリースに先駆け、先行シングル「ラン・ダイナモ・ラン(Single Mix)」のダウンロード配信を開始。ソウル・フラワー・ユニオンにとっては、2013年の「踊れ!踊らされる前に」以来、7年ぶりの配信シングルとなります。  コロナ禍のさなか、中川 敬の配信ソロ・ライヴで幾度も披露されている新曲「ラン・ダイナモ・ラン」は、モッズ・サイケデリアな曲調にのせ、世の中を変えるべく立ち上がる“個”を讃え、ひとりの小さなアクションが世界を変えてゆくことを高らかに謳う、まさに今、2020年の時代のアンセム。そして、この「ラン・ダイナモ・ラン」が収録されるニュー・アルバム『ハビタブル・ゾーン』は、前身バンドのニューエスト・モデル時代から続く、中川 敬(vo,g)と奥野真哉(key)のコンビが、自身のルーツ・ミュージックに立ち返り、Jah-Rah(ds / 麗蘭)、高木 克(g / 元シェイディ・ドールズ)、阿部光一郎(b / 元What’s Love)、リクルマイらと奏でる、ハードコア・マキシマムR&Bとも呼ぶべき全10曲によって構成された充実の内容となっています。  また、ヒックスヴィルの木暮晋也と真城めぐみがゲスト参加しているのも聴きどころ。ニューエスト・モデル結成35周年記念盤となる『ハビタブル・ゾーン』、従来からのファンのみならず、ロック・ミュージックを嗜好する多くの人に堪能して欲しい作品です。  なお、リリース・ツアー〈ニュー・アルバム『ハビタブル・ゾーン』発売記念ツアー(年末ソウルフラワー祭 2020)〉の大阪・名古屋・東京での開催も発表されています。このツアーでは、ライヴハウスのガイドライン緩和を受けて各会場のキャパシティも増えており、久しぶりにライヴの熱気を十分に堪能できそうです。また、9月に行なわれた東京・下北沢 GARDEN公演の配信ライヴは、映像・音質共にそのクオリティの高さが大きな話題となりましたが、今回のツアーも大阪、東京での配信も予定されているとのことです。

【関連記事】