Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

与田ドラゴンズ序盤戦の通信簿は正直「きびしい採点」・・・でも逆襲への光もあり

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CBCテレビ

新型コロナウイルスの影響で試合数も120と少なくなった異例の2020年シーズン。早いもので中日ドラゴンズも3分の1のゲーム数を終えた。2年目を迎えた与田ドラゴンズの序盤戦を検証する。

1位予想まであったシーズン前

結論から言えば、ここまでは残念ながらファンの立場としては失望の日々を送っている。 昨シーズン9月のAクラスへの追い上げムードがあった上、投手も打者も顔ぶれが揃ってきたとファンはもちろん野球評論家の評価も上がっていた。ドラゴンズOB以外に、千葉ロッテマリーンズOBである里崎智也さんまでが「ドラゴンズ1位」と予想するなど、7年連続Bクラスと雌伏の応援の日々を送ってきたファンにとっても「今年こそ」と期待は高まっていた。 雨中の開幕戦を打撃戦で制した後、開幕カードを8年ぶりに勝ち越し、梅津晃大選手の勝利投手インタビューの言葉通り「今年の竜は違うぞ」と多くの竜党は盛り上がった。しかし、その後じりじりと失速、シーズン3分の1を終え、首位巨人に大きく差をつけられてのBクラスが続く。打率、得点数、本塁打数、失策数などチーム成績もよくない。 個々の選手成績もダヤン・ビシエド選手以外、あまり目立った活躍がない。今季はクライマックスシリーズもないため「1位のみ」を目指す戦い、現時点の失望感は大きい。

采配ミスの根底にあったものは?

波に乗れない中では思いもかけないことが起きる。7月7日には野手を使い果たして「投手の代打に投手」という信じられない采配も飛び出した。これについては、もちろんベンチを預かる監督が責任の第一人者であるのだが、それを支えるコーチ陣、さらに登録選手の枠にまだ余裕があったという事態については、球団全体にも責任がある。誰かが気づいて内部で事前に指摘していれば防ぐことができた事態であろう。 しかし、“七夕の変”に代表されるこうしたギクシャクさの根底にあるひとつの要因として、昨シーズンから、いやもっと以前から課題になっている「正捕手」の問題があると考察する。この試合も、マスクをかぶっていたアリエル・マルティネス捕手を直前に加藤匠馬捕手に交代させてしまったことによって、野手のカードを使い切ってしまったからだ。正捕手が決まっていれば・・・。

【関連記事】