Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

デヴィ夫人の婚活論「いい男と悪い男の見分け方」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
with online

いい男と悪い男の見分け方

今日のデヴィ夫人の婚活論は、読者から“知りたい”とリクエストが多かった『危ない男』と『いい男』の見分け方。うっかり悪い男を好きになってしまったら、婚期を逃してしまうし、気持ちのダメージも大きいですよね。そんなことに合わないためにも、デヴィ夫人の人生経験からダメ男を選ばない方法を教えてもらいましょう。 【デヴィ夫人の婚活論】記事一覧はこちら

危険な男

みなさま、ごきげんよう。 デヴィ・スカルノでございます。 『女が男を選んではダメ。女は男から選ばれるの』 これはわたくしがずっと言い続けている婚活論でございますが、最近は悪い男をご自分から好きになってしまう女性も多いようですね。わたくしぐらいになりますと、『悪い男』はすぐ見分けることができます。女の勘というものなのかしら? 自分が本当に愛されているのか? 肉体だけの遊び相手ではないか? これは普通にお付き合いをされていれば、その男の真剣度でお分かりになりませんか? まず、付き合っている彼氏や夫が浮気をしているとします。『してない』って否定する男はいいわよ。自分の保身のためもあるけど、否定するということはあたなに愛があるということで、そうであれば結局戻ってくるから。でも、そこで開き直るような男はおしまい。ダメな男ね。そんな男は無責任、それにあなたにもう冷めているのかも。

未来を語らない男

彼氏や夫とお互いに愛し合い、いい関係を築いていたら、「自分は将来こうなりたい」「こんな家庭を築きたい」というような“自分の未来のこと”、“ふたりの未来のこと”が自然と会話に出てくるようになると思うのです。もし一緒にいても『未来のこと』が会話に出てこないのだったら、それは危険のサイン。 それがどういうことかというのには2つあって、 まずは、あなたが“単なる遊び相手”である場合、もしくは、男が“自分の未来設計”ができていない場合よ。 遊びの場合は、男性が元々あなたとの未来を考えていないのですから会話に出るはずもございません。遊びではないにしても、いい年齢を迎えて自分の将来のことを考えてないようだったら、そんな男性とは結婚しても心配よね。

【関連記事】