Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アザレンカ 全豪女王に1ゲームも与えず完勝、3回戦進出<女子テニス>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
tennis365.net

BNLイタリア国際

女子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、プレミア5)は17日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク14位のV・アザレンカ(ベラルーシ)が第3シードのS・ケニン(アメリカ)を6-0, 6-0のストレートで下し、3回戦進出を果たした。 【「大坂は強かった」と脱帽のアザレンカ】 前週の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)決勝で世界ランク3位の大坂なおみに敗れたものの準優勝を飾ったアザレンカはこの試合、ファーストサービスをが入ったときに74パーセントの確率でポイントを獲得する。1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を制したケニンに1ゲームも与えずに1時間1分で完勝した。 女子プロとテニス協会のWTAは公式サイトでアザレンカのコメントを掲載しており「今日のスコアは私の安定感がカギになったと思う。とても賢くプレーができて、多彩なことがコートでできた。とてもうれしいけど、重要だったこと高いレベルのプレーを最初から最後まで保てたこと」と試合を振り返った。 3回戦では世界ランク74位のD・カサトキナ(ロシア)と対戦する。カサトキナは2回戦で同61位のK・シニアコバ(チェコ)をストレートで下しての勝ち上がり。 同日の2回戦では第7シードのJ・コンタ(イギリス)、第9シードのG・ムグルサ(スペイン)、第12シードのM・ボンドロウソワ(チェコ)らが3回戦へ駒を進めた。

【関連記事】