Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「Black Lives Matter運動の一助に」。真摯で優しさに満ちた歌

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
婦人公論.jp

膨大なポジティヴ・エネルギーに包みこまれて 火星探査機“パーセヴェランス”の打ち上げ前のセレモニーで、史上初めて歌を披露したグレゴリー・ポーター。これは、新作《オール・ライズ》に収録された、宇宙旅行をテーマにした〈コンコード〉を聴いたNASAのスタッフが熱望して実現したことだった。 【写真】エンディングの「サンキュー」で戦うのではなく今あるものに感謝しようと歌う グレゴリーのバリトン・ヴォイスは、深く温かい。前作にあたる《ナット・キング・コール&ミー》でジャズ~スタンダード・ファンのハートをわしづかみにしたが、本作は彼のもう一つの拠点であるソウル~ゴスペル色が濃厚な作風だ。 ホーン・セクション、クワイア、クラッピングを伴い、広義の愛を歌う。「今作をBLM(Black Lives Matter) 運動の一助にしたい」と、キリスト教的人類愛を謳うグレゴリーの歌は、真摯で優しさに満ちている。 ゴスペル調のエンディング曲〈サンキュー〉は、戦うのではなく今あるものに感謝しようという歌詞。彼が熱唱する時に放つ、膨大なポジティヴ・エネルギーに包みこまれる。 オール・ライズ  グレゴリー・ポーター ユニバーサル 2600円 **** 《ハプニング~ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード》ジェラルド・クレイトン ◆ 「ジャズの聖地」で披露するスタンダードナンバー 21世紀のジャズ界をリードするピアニスト、ジェラルド・クレイトンは、偉大なベーシストである父ジョンを通じて、幼い頃よりジャズの偉人たちと共演してきた。その一人であるクインシー・ジョーンズが、この新作《ハプニング~ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード》に寄せたライナーノーツに、次のように書いている。 「彼がピアノを弾く時、音楽に全身全霊が込められる。偉大なるヴィレッジ・ヴァンガードのステージを彩る歴史の列に加わるのに、彼よりふさわしいキャッツはいない」 30代のジャズ・ミュージシャンの多くが、ジャンルの拡張とリズムの細分化に新境地を求めるなかにあって、ジェラルドの路線は一貫して温故知新。モダンジャズの言語で、2管クインテットのあり方と新たなハーモニーを模索してきた。 ブルーノートのドン・ウォズ社長に請われて同レーベルに移籍。本作は「ジャズの聖地」と言われる老舗ジャズクラブで、「ハプニングを大事にライヴ・レコーディングしました」(本人談)。通常、自作曲しか演奏しない彼が、このクラブでは店主のリクエストに応えてスタンダードも演奏する。 デューク・エリントンがジョン・コルトレーンのために作曲した〈テイク・ザ・コルトレーン〉は激しく、ミステリアスに。また〈ボディ・アンド・ソウル〉では涙をたたえたピアノが切なく美しい。 ハプニング~ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード  ジェラルド・クレイトン ユニバーサル 2600円 **** スター・プレイヤー4人が26年ぶりの再会 ジョシュア・レッドマン(サックス)を中心にブラッド・メルドー(ピアノ)、クリスチャン・マクブライド(ベース)、ブライアン・ブレイド(ドラムス)というジャズの第一線を走り続けるスター・プレイヤー4人が、26年ぶりに再会、レコーディングに臨んだ《ラウンドアゲイン》。1990年代初頭のジョシュアのグループ・メンバーであり、94年の《ムード・スウィング》の録音メンバーである。 ジョシュアが「いつか再会レコーディングが実現すると思っていたが、夢は叶うものだね」と語ったが、皆が書き下ろし曲を持ち寄ったレコーディング。まだ若手だった26年前は、「斬新であろう」と努めた彼らだったが、今はスウィングすることを楽しんでいる。ジョシュアが獲得した落ち着きと深みのある音色、メンバーの細部での工夫に、スターという以上のひけらかさない職人芸の美しさを見た。 ラウンドアゲイン  ジョシュア・レッドマンほか ワーナー 2500円 ****

中川ヨウ

【関連記事】