Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リーマンショック、ブラックマンデー……映画で学ぶ「金融危機」【コロナショック】

配信

CoinDesk Japan

#STAYHOME の掛け声の下、仕事はテレワーク、休日も外出自粛で、「自宅で過ごす時間が増えた」という人は多いだろう。その原因であるコロナウイルス感染拡大は株式相場を大荒れにした。2020年3月の株価急落は、リーマンショックと比べられるほどの出来事だ。自宅時間にNetflixやHulu、Amazonプライムなどで映画やドラマを見ている人も多いはず。そこで、過去の金融危機について学べる映像作品をまとめてみた。

「BCCI事件」(1991年)──ルクセンブルク籍の銀行による粉飾事件

1991年のBCCI事件とは、ルクセンブルクの銀行BCCI(Bank of Credit and Commerce International、国際業業信用銀行)が粉飾決算を理由に、欧州各国の監督当局から営業停止・資産凍結の処分を受けたというもの。外国に保有していた資産も凍結されたため、同行と外為取引をしていた銀行(日本の銀行も含む)などが買い入れ通貨を受け取れなかった。

『ザ・バンク 堕ちた巨像』(2009年)

『ザ・バンク』で登場する銀行は、ちょっともじったIBBC。世界中から莫大な資金が集まる欧州の巨大銀行に、ある違法行為の疑惑が持ち上がる。インターポールの捜査官と米ニューヨーク検事局の検事補は共同で捜査に乗り出すが、手がかりとなる人物が次々に暗殺されてしまう。主演は、最近では『ジェミニマン』にも出演したクライブ・オーウェン、『ザ・リング』『21g』のナオミ・ワッツ。原題は"The International"。監督はトム・ティクヴァ。117分。

「ベアリングス事件」(95年)──日経平均先物の架空取引で英投資銀行が倒産

1995年、イギリス最古のマーチャントバンクであり、“女王陛下の銀行”と呼ばれた、王室御用達のベアリングス銀行が、シンガポールで発覚したトレーダー、ニック・リーソンによる巨額な損失をともうなう不正取引で破たん。オランダ金融最大手のINGに1ポンドで買収された事件だ。 事件の概要はこうだ。シンガポール国際金融取引所(SIMEX)で同行の先物取引部門責任者を任されたリーソンは、日経平均と日本国債のデリバティブ取引を中心に大きな利益を稼いでいたが、取引の不正処理や架空取引口座への入金、隠蔽工作のための(禁止されていた)自己売買で損失を拡大させた。犯罪が明るみに出た時点で、損失は約8.6億ポンド(約1,380億円)、当時のベアリングス銀行の自己資本金を超過する莫大な額に膨れ上がっていたという。

【関連記事】