Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜ子どもに「水害後の清掃をさせるべきでない」のか。医師に意見を聞いた

配信

BuzzFeed Japan

九州で豪雨が続き、浸水被害などが広がっています。河川から溢れ出した土などを含んだ濁流が家屋や街中にも流れ込み、天候が落ち着いた被災地域では、泥かきなどの片付け作業が始まっています。その中で、子どもが片付け作業を手伝うことについて、医師らから「感染症の危険性などもある」との指摘がなされています。 今回の豪雨でも、小学生などの子どもも水害後の片付けを手伝う様子が報道され、その姿に勇気づけられた人々も多くいる一方で、子どもの体を考えると「リスクが高い」といいます。 佐久総合病院佐久医療センターの小児科医長、坂本昌彦さんに話を聞きました。【 BuzzFeed Japan / 冨田すみれ子】

坂本さんは、子どもが水害後の片付けを手伝うリスクについて、こう指摘しました。 「子どもに関しては、大人とは別の特徴があり、まず体が成長過程にあるため、有害物質にさらされると大人より大きな影響を受けます。免疫システムがまだ不十分で、様々な病気に対する感染リスクも高いです」 「また背が低いため、地表の汚泥から舞い上がる有害物質を大人より吸い込みやすく、呼吸回数も大人よりも多いため、災害時には成人より多くの有害な化学物質を吸い込みやすいです」

破傷風など感染症の危険性

水害後の片付けでのリスクは、様々な汚染物質が混じった水や泥、そしてそのような状況でのケガの危険性にあります。 アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、洪水などが発生した後の水について「人や家畜の排泄物(下水が溢れた場合)、家庭や医療機関、工場から出た有害廃棄物(農薬や工業廃棄物)など病気に繋がる可能性のある汚染物質のほか、木材やがれきなどケガの原因となるもの、ネズミなどの動物が含まれている可能性がある」としています。 これらの汚水にさらされると、「ケガによる感染症(破傷風含む)、皮膚の湿疹、大腸菌やサルモネラ感染症などの感染性胃腸炎にかかる可能性」があります。 坂本さんは他にも、子どもは「好奇心から様々なモノを触りたがるため、大人なら近づかないような危ないものにも直接触れようとする」「体重あたりの体表面積が大きいため、外気温の影響を受けやすく低体温にもなりやすい」などの理由で、水害後の片付けをするのはリスクが高いと指摘しました。 アメリカ小児科学会も、「子ども、そしてできる限り10代も水害後の清掃には関わるべきでない」とし、「清掃されていない場所には、子どもは近づけないようにすべき」と呼びかけています。

【関連記事】