Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナウイルスに襲われた世界の隙を突き、ハッカーたちが活発に動き始めた

配信

WIRED.jp

新型コロナウイルスの感染が拡大した影響で世界中で在宅勤務が増え、患者が押し寄せる医療機関は非常事態に陥っている。こうした混乱を突くように、ハッカーの活動が活発化し始めた。ネット上ではハッキングや詐欺行為、スパム攻撃などが猛威を振るっている。 ネット上ではハッキングや詐欺行為、スパム攻撃が猛威を振るっているのだ。 新型コロナウイルスは世界経済のみならず人々の暮らしや健康に影響を与え、毎日の働き方や人との接し方を変えつつある。しかし、人々の健康を脅かすウイルスの恐怖に加え、これらの急激な変化は新たな環境をも生み出している。ネット上ではハッキングや詐欺行為、スパム攻撃が猛威を振るっているのだ。 新型コロナウイルスに対する恐怖心や混乱につけ込むフィッシング詐欺メールは、1月に出回り始めてから増加の一途をたどっている。例えば、新型コロナウイルス検査の主要なハブでもあるチェコのブルノ大学病院が3月初めにランサムウェア攻撃を受け、医療業務を妨害されたり、手術の延期を強いられたりする事件があった。 高度な技術をもち、国家レヴェルの機密データを狙うハッカーたちまでが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を利用した罠を仕掛けてマルウェアを拡散させている。いまやあらゆるサイバー攻撃の条件が揃ってしまったのだ。

【関連記事】