Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

S・ラモスは第6位…サッカー界で最も多くのゴールを挙げたDFは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER KING

▼6位 120ゴール

セルヒオ・ラモス(スペイン代表) 主な所属クラブ:レアル・マドリード(2005年~)  S・ラモスは6位にランクイン。2018年夏のクリスティアーノ・ロナウド退団以降、レアルの正式なPKキッカーとなったことで得点数が増加。ここまで2シーズンで15回PKを蹴り(PK戦は除く)、すべて成功させている。前所属のセビージャ時代を含め、クラブでの公式戦得点数は「99」に到達。100ゴールにリーチがかかっている。

▼5位 130ゴール

グレアム・アレクサンダー(元スコットランド代表) 主な所属クラブ:バーンリー(2007~2011年)  イングランド下部リーグを主戦場としたアレクサンダーは、通算130ゴールを記録。右サイドバックながら、得意のPKで多くのゴールを稼いだ。なおスコットランド代表では得点を挙げておらず、130ゴールはすべてクラブで奪ったものである。

▼4位 153ゴール

ローラン・ブラン(元フランス代表) 主な所属クラブ:モンペリエ(1983~1991年)、バルセロナ(1996~1997年)、マンチェスター・U(2001~2003年)  キャリア当初は攻撃的MFだったが、のちにセンターバックへコンバートしたブラン。プロデビューを飾ったモンペリエではクラブの歴代最多得点記録を樹立し、今もその記録は破られていない。またフランス代表でも16得点をマーク。W杯初優勝を果たした1998年フランス大会では、ラウンド16のパラグアイ代表戦でゴールデンゴールを奪い、勝利に貢献した。

▼3位 163ゴール

フェルナンド・イエロ(元スペイン代表) 主な所属クラブ:レアル・マドリード(1989~2003年)  3位に入ったのはクラブと代表でS・ラモスの先輩にあたるイエロだ。現役時代にはボランチとしてもプレーし、プレースキッカーとしても活躍。レアルでは在籍14シーズンで127ゴールをたたき出した。スペイン代表でも29得点を挙げており、これはフェルナンド・トーレス(38ゴール)やダビド・シルバ(35ゴール)に次いで歴代5位の記録である。

【関連記事】