Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中国「“チンギス・カン”使うな」…フランスの博物館の展示会が「延期」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WoW!Korea

フランスのナントにある歴史博物館は、中国政府の圧力により 準備中であった「チンギス・カン展示会」を延期したと、フランスのAFP通信が13日報道した。 【写真】もっと大きな写真を見る AFP通信によると、ナント博物館は中国・内モンゴル自治区のフフホト博物館と共に、13世紀のモンゴル帝国を建国した「チンギス・カン特別展示会」を計画してきた。 しかし 中国当局の干渉により、展示会の開催を前日に突然 延期することとなった。 中国政府は 計画されていた展示会に対して、「チンギス・カン」という称号をはじめとして、「モンゴル」などの言葉を除くように強要したとされている。 このような中国の圧力は、最近 モンゴル族の自治区である内モンゴル自治区で起きている「モンゴル文化・歴史を無くそうとする動き」に関連したものとみられると、AFP通信は指摘した。 中国当局は内モンゴル自治区内の学生たちに、モンゴル語のかわりに中国の標準語教育を強化したことで、モンゴル人たちの反発を買っている。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

【関連記事】