Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イギリスにある"居心地の良い田舎の小さな家"は、秘密の核バンカーの入口だった…… 中をのぞいてみよう

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

イギリス政府は1952年、パリッシュ家の敷地内に「ケルブドン・ハッチ秘密核バンカー(Kelvedon Hatch Secret Nuclear Bunker)」を作った。 【全画像をみる】イギリスにある"居心地の良い田舎の小さな家"は、秘密の核バンカーの入口だった…… 中をのぞいてみよう 小さな家はバンカー(掩蔽壕・えんぺいごう)の入り口を隠すために建てられた。バンカーは地下約100フィート(約30メートル)にある。 近年、パリッシュ家はバンカーを観光客に公開している。 一見、"居心地の良い田舎の小さな家"のように見えるかもしれないが、その内側には長い間、ある秘密が隠されていた ── この家は、実は秘密の核バンカーの入り口だったのだ。 イギリス政府によって1950年代に作られた「ケルブドン・ハッチ秘密核バンカー」は、核戦争が起きた場合に政府関係者が避難するための場所だった。 今では観光スポットになっているこのバンカーについて、所有者のマイク・パリッシュさんがそのユニークな歴史などをInsiderに語ってくれた。

代々農家の家で育ったマイク・パリッシュさんは、イギリスのエセックス州ケルブドン・ハッチにある土地を家族から相続した。そこには秘密のバンカーが含まれていた。

冷戦時代、イギリスのチャーチル首相はロシアが開発している原子爆弾を恐れていて、イギリス政府は政府関係者が避難できる場所を求めていた。1952年、政府はロンドンから30マイル(約48キロ)ほど離れた場所にあるパリッシュ家の2000エーカー(約810万平方メートル)の土地にバンカーを作った。 「ロンドンから十分に離れていると思って、政府がここを選んだことは間違いありません…… 爆発と放射線を生き延びるために」とパリッシュさんはInsiderに語った。

一見、居心地の良い家に見えるかもしれないが、この家は秘密のバンカーの入り口を隠すために建てられた。

家の外観は"見せかけ"だ。誰も中に入れないように、守衛が配置されていた。 「ここはトンネルの入り口の入り口で、守衛が詰めていました」とパリッシュさんは言う。 「壁や天井は補強されています」

トンネルの入り口は、サッカーの競技場よりも広い。

パリッシュさんによると、トンネルは全長360フィート(約110メートル)ほどだという。

広さ3万5000平方フィート(約3300平方メートル)のバンカーは、地下約100フィートにある。

「3階建てになっています。上の家を入れれば4階ですね」とパリッシュさんは言う。 バンカーの収容人数は600人だ。

【関連記事】