Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「女子高生の冗談」が招いた信用金庫破綻の危険

配信

東洋経済オンライン

なぜいつの時代も人は「デマ」や「フェイクニュース」に踊らされてしまうのか?  明治大学教授の堀田秀吾氏が解説。『「勘違い」を科学的に使えば武器になる』から一部抜粋・再構成してお届けします。 Aさん「堀田先生、新しい本おもしろかったです!」 Bさん「昨日ゼミ生で飲んでたんですけど、Aが堀田先生の新刊、読んだらおもしろかった、って言ってましたよ」  あなたが私(堀田)で、この2人がゼミ生だとして、どちらの情報がより信憑性が高いと思いますか?  正直、私は根が単純ですし、大学生にとって本を買うのは大きな出費なので、読んでくれる時点でありがたいです。

 Aさんのようにダイレクトで言われても素直に喜びます。でも、どちらかといえば「また聞き」なのにもかかわらず、Bさんのほうが信じられると感じる方が多いのではないでしょうか。  このように当事者に言われるよりも、第三者から伝わった情報のほうが信憑性が高まる効果を「ウィンザー効果」と言います。  この効果の怖いところは、当事者が真実を訴え、第三者が間違ったことを言っていても、後者が信じられてしまうことがあるということです。

■ジョークが発端の「豊川信用金庫事件」  この興味深い事例としては、1973年、心理学に関係する者なら誰もが知っている「豊川信用金庫事件」という事件があげられます。  豊川信用金庫に対する取り付け騒ぎ(金融機関への信用不安から、預金などを引き出そうとするユーザーが殺到して混乱が起こること)ですが、ことの発端は、女子高生たちの「信用金庫は(銀行強盗に襲われるから)危ないよ」というジョークでした。  単に、豊川信用金庫に就職が決まっていた同級生を、友だちが電車の中で他意なくからかっただけです。

 しかし、その会話を聞いた人が「豊川信用金庫は(経営が)危ない」と、話の内容を勘違いして家族に伝えたことから発生し、それが瞬く間に噂となって町中に広がりました。このため、預金者が信用金庫に殺到し、最終的に短期間で20億円もの預貯金が引き出されるパニックへと広がっていきました。うそならぬ「ジョークから出たまこと」ですね!   ちょっとした話が、どんどん尾ひれをつけながら広がっていき、豊川信金側が「倒産などの危険性はない」と否定しても、なかなか信じてもらえませんでした。このように、検証手段がない話を、自分と利害関係のないところでされると、疑う理由がないので、簡単に信じてしまうことがあります。

【関連記事】