Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“家族の形”を考える、河瀨直美最新作『朝が来る』心揺さぶる予告編が到着

配信

MOVIE WALKER PRESS

直木賞作家の辻村深月によるヒューマンミステリーを、『あん』(15)『光』(17)の河瀨直美監督が映画化し、カンヌ国際映画祭公式作品【CANNES 2020】に選出された『朝が来る』(10月23日公開)から予告編と場面写真が公開された。 【写真を見る】永作博美と井浦新が、養子縁組で男の子を迎え入れる夫婦に扮する 実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女をつなぐ「特別養子縁組」によって、新たに芽生える家族の絆と葛藤を描く本作。実の子を持てなかった栗原佐都子役に永作博美、その夫の清和役に井浦新が、望まぬ妊娠から実の子を育てることができなかった少女の片倉ひかり役に蒔田彩珠、そして栗原夫婦とひかりを引き合わせる浅見静恵役に浅田美代子と、実力派キャストが集結し、現代の日本社会が抱える問題を掘り下げていく。 養子縁組によって迎え入れた男の子と一緒に、幸せそうに出かける準備をしている栗原夫妻のもとに、「子どもを返してほしいんです」と一本の電話がかかってくる場面から始まる今回の予告映像。実の子を授かれなかった夫婦の苦悩や、実の子を育てることができなかった少女の葛藤に加え、生まれて間もない男の子を迎え入れ、”家族の絆”が芽生える美しい瞬間、さらには「あの子の母親です」と名乗る女性が現れたことにより、その絆が揺さぶられる様子までが収められ、ドラマチックな仕上がりになっている。 また、”息子”と一緒に幸せそうに手をつないで歩く栗原夫妻の姿や、安全に出産するための保護施設で生まれるわが子を思い、大事そうにお腹に手を当てるひかりの姿が切り取られた場面写真もあわせて公開。 こんな時代だからこそ、“家族”についてあらためて考えるきっかけを与えてくれる、深みのある映画になっていそうだ。 文/トライワークス

【関連記事】