Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

光った天才的な内角打ち 肝炎を克服した阪急の“小さなスラッガー”石嶺和彦【プロ野球回顧録】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

練習時間を制限されながら

得意な内角打ちは体の近くで打つことを意識したという石嶺(阪急時代)

週刊ベースボール

【関連記事】