Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

凋落が止まらないドイツの名門ブレーメン【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER DIGEST Web

最終盤でしぶとさを見せた〝ドイツ・サッカー界の猫〟

凋落が止まらないドイツの名門ブレーメン【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

ハイデンハイムとの激闘を制し、辛くも1部残留を果たしたとはいえ、名門ブレーメンにとっては史上最悪とも評せるシーズンだった。(C) Getty Images

 まさに崖っぷちだった。シーズン開幕直後から降格圏を彷徨い、昇格/降格プレーオフを戦い抜いた末になんとか残留を果たしたブレーメン。ただ、この名門が負のスパイラルから抜け出すのは、そう簡単ではなさそうだ。(文:ルドガー・シュルツェ/訳:安藤正純 2020年8月6日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック ドイツ』を転載) ―――◆―――◆―――    猫には9つの命がある――。  これは「簡単には死なない」という意味のことわざだ。そして、近年のヴェルダー・ブレーメンがまさに、“ドイツ・サッカー界の猫”と言わんばかりのしぶとさを見せている。4年前(2015-2016シーズン)には、最終節で残留を争うアイントラハト・フランクフルトを終了間際のゴールで下して、辛くも降格を免れた。そして、2019-2020シーズンの残留劇は当時よりも、さらにドラマチックな展開とな

本文:4,991文字

写真:2
  • 前線の柱として、絶大な存在感を示していたのがこのクルゼ。昨夏に彼を引き留めなかったのは、ブレーメン経営陣の明らかな失策だ。(C) Getty Images

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

SOCCER DIGEST Webの有料記事

PayPay残高使えます