Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

落合博満の“1/4”になった男たち。その涙と笑顔とは/プロ野球20世紀・不屈の物語【1986~89年】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。

「僕が何かしましたか?」

 20世紀の最終盤にFA制度が導入されて、定着した21世紀の昨今、衝撃的なトレードは確実に減った印象がある。最後の衝撃トレードといえるのは、1986年オフ、落合博満のロッテから中日への移籍だろう。衝撃の度合いではプロ野球の歴史でも指折りであり、その後、これを超えるほどの衝撃はない。このことについては落合を紹介した際にも触れたが、2年連続で三冠王に輝きながらも移籍を志願しただけでも前代未聞のこと。どこへ移籍するかによっては球界の勢力図が一変する可能性もあり、その発言だけでなく、一挙手一投足にも注目が集まっていた。  当初は巨人が有力とされていたが、獲得したのは中日。その交換相手に選ばれたのは4人の選手だった。正二塁手の上川誠二が唯一の野手で、クローザーを務めていた右腕の牛島和彦、同じく右腕の平沼定晴、そして左腕の桑田茂だ。これによって球界の勢力図が変わったかは意見の分かれるところだろう。だが、少なくとも、この4人の人生は一変した。4人の記者会見も行われたが、笑顔と拍手で迎えられながらも、全員が硬い表情をしていたのも印象的だ。

 移籍を告げられた牛島は「僕が何かしましたか?」と聞き返したと伝わる。トレードされるのはチームに不要な選手というイメージも根強かった時代でもあるが、それ以上に、かつてはチームメートとして一緒に汗を流し、兄のように慕っていた星野仙一監督が就任したばかりのトレード通告だったことが大きかっただろう。引退も選択肢に入れながら、2日間の苦悩を経て移籍を受け入れた牛島は移籍1年目に2勝24セーブで初の最優秀救援投手に輝き、89年には先発に回って12勝を挙げるなどチームに貢献。だが、その後は肩の故障で満足に投げられない状態が続き、92年4月7日のダイエー戦(千葉マリン)で924日ぶりの勝ち星を挙げたときには、お立ち台で号泣した。翌93年オフに現役を引退。中日とロッテ、ともに7年ずつのキャリアを終えた。

【関連記事】