Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レジ袋『有料化』始まる 消費者の反応は? コンビニ各社も有料に プラスチックごみ削減目指し

配信

NBS長野放送

7月1日からレジ袋の有料化が全国一斉に始まりました。プラスチックごみの削減を目指すこの取り組み、消費者や店側はどう受け止めたのでしょうか。 (記者リポート) 「きょう7月1日からレジ袋の有料化が始まりました。買い物客はどう対応しているのでしょうか」 長野市のこちらのスーパーではレジに並ぶと…。 店員: 「いらっしゃいませ、レジ袋はお持ちですか?」 買い物客: 「持ってないです」 店員 「購入されますか?」 買い物客: 「お願いします」 原信若里店では、1日からレジ袋を1枚3円、2枚5円で有料にしました。ただ、以前からレジ袋をもらわない場合は2円値引きしていたこともあり、既に4割以上の人がマイバッグ持参だったといいます。取材中は、8割以上の人がマイバッグを持参していました。 買い物客: 「もう当たり前に使ってる。海の中もだいぶ汚染されているようだから、使い始めた」 レジ袋を再利用する人も。 買い物客: 「いろいろな店でもらったのを大事にとっている」 こんな意見も。 買い物客: 「ゴミ袋として使いますので、ときどきは有料でも欲しい。そういうことで今日は有料でも頂きました」 原信若里店・中村収店長: 「プラスチックの削減ということもありますので、積極的に協力していって、これからもどんどんショッピングバックを使っていただけるようになれば」 コンビニでは…。 (記者リポート) 「きょう1日からコンビニでもレジ袋が有料化されました。店頭では店員がレジ袋を要るかどうか確認しながら対応しています」 「セブン‐イレブン」では、1日からレジ袋を1枚3円から5円に有料化しました。植物由来のバイオマス素材を配合していて、本来は有料化の対象外ですが、プラスチックごみ削減のためにと有料化しました。 店員: 「レジ袋有料化ですけど、どうされますか?」 買い物客: 「お願いします」 買い物客: 「しょうがないと言えばしょうがない。3円くらいならいいかなと思う」 「プラスチックで海が汚染されたりしているので、(有料化は)いいことじゃないかと思う」 スーパーなどに比べればまだ少ないものの、マイバッグ持参の人も。 マイバッグ持参: 「常に車に(マイバッグを)乗せてある」 「ビニール袋は環境のためには、ない方がいいのかなと思う」 セブン‐イレブン・ジャパンの担当者: 「レジ袋をはじめとするプラスチックの削減は、社会的に大きな課題の一つだと考えているので、お客さまと一緒に取り組んでいけたらと思う」 コンビニでは、「ファミリーマート」や「ローソン」も1日から1枚3円に有料化しました。 レジ袋有料化の背景には、「海洋プラスチックごみ」の問題があります。国はレジ袋やペットボトルの「使い捨てプラスチックごみ」を2030年までに25%削減する目標を立てています。レジ袋はプラスチックごみ全体で見れば2~3%程に過ぎませんが、身近なモノから見直すことで、削減のきっかけにしようとしています。

長野放送