Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜ「ノストラダムス」は日本人の心をとらえたのか? 大ブームの正体

配信

現代ビジネス

 『ノストラダムスの大予言』シリーズの著者である五島勉氏(1929~2020)が先月亡くなられた。 【写真】絶望…死ぬ瞬間はこんな感じです。死ぬのはこんなに怖い  ある一定以上の年代に、16世紀フランスの医師・詩人・占星術師のミシェル・ド・ノストラダム(1503~66)の名を、ちょっとした恐怖感と共に刻みつけた人物である。筆者も中学校の図書館で手にとり、1999年7月に空から降ってくる恐怖の大王が核兵器なのか、小惑星なのかと不安になった1人である。  なぜ、ノストラダムスは日本人の心をとらえたのか。無数にある類書に注目しながら振り返ってみよう。

映画化もされた『大予言』

 五島氏は、最初からオカルト専門の作家だったわけではない。  『アメリカへの離縁状』(1956)、『サラリーマン研究』(1958)、『東京の貞操』(1958)、『愛のパズル 異性はあなたに何を求めているか』(1971)といったタイトルに伺えるように、時代の流れを追いながら多くの著作を上梓している。  だが、五島氏自身が時代の流れを作ることになったのが、1973年に刊行したシリーズ第1作『ノストラダムスの大予言 迫りくる1999年7の月人類滅亡の日』である。  当時の新聞広告には、「ゲーテも絶賛した“禁断の書”初公開!」「ヒトラーの出現、ケネディの暗殺…歴史的大事件のすべてに的中率99%の大予言者が“人類最後の謎”に挑戦!!」というコピーが踊る。  刊行後、瞬く間にベストセラーになり、わずか3ヵ月後の広告には「戦後15冊目の100万部誕生!」という文言が付け加えられている。  1974年5月には、同書を原案にした映画『ノストラダムスの大予言』の撮影も始まった。  東宝は前年に映画『日本沈没』を大ヒットさせており、ノストラダムスにも破格の5億円の製作費を投じた。日本沈没同様、考証のために学者を動員し、さらに原案が小説ではないため、人気作家の半村良もスタッフとして参加していた。  同年8月の公開直後、読売新聞に掲載された映画評では、「シラける子どもだまし」というタイトルで酷評されているが、興行成績としてはまずまずの結果を残し、さらに文部省推薦の映画にも選定されている。

【関連記事】