Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で創造性と革新性が刺激される理由

配信

ライフハッカー[日本版]

アメリカでは今、クリエイティビティ(創造性)があちこちで生まれています。新しい取り組みが、1時間ごととは言わないまでも、1日ごとに倍加しているようです。 たとえば、演奏家たちは、自宅からコンサートを配信しています。 ハリウッドスターや子どもをもつ親は、バーチャル読み聞かせ図書館を開き、外に出られずにエネルギーを持て余している子どもたちや、疲れ切った親たちのために、読み聞かせをしています。 レストランのオーナーは、休業中の店舗で食事をたくさんつくり、前線で働く医療従事者たちに提供しています。 掃除機やハンドドライヤーで有名なDysonは、新型コロナウイルスに感染した人々を救うための人工呼吸器をわずか10日で開発しました。

複雑かつ曖昧な世界でクリエイティビティが生まれる

こうしたクリエイティビティの波が、あらゆる場所で着実に高まってきているのは素晴らしいことです。しかしこれはクリエイティビティについて研究する人たちにとっては、驚くことではありません。 人々を、毎日の仕事から離れさせ、何をしろと決められていない時間を適切に与え、新しい何かを求めることだけをモチベーションとして世界を探求してもらえば、結果は当然出るものです。 注目すべき点は、こうしたトレンドが、エンターテインメント的な分野にとどまらないことです。なぜでしょうか。 それは、すべての企業が、規模に関係なく、イノベーション(革新)の能力を評価しているからです。 賢い企業やそのリーダーたちは、かつてないほど変わりやすく不確かで、複雑かつ曖昧な世界では、クリエイティビティが生き残るための鍵になるという認識をますます強めています。 問題は、私たちがいま目の当たりにしていることを、教訓としてどのように生かすかです。 クリエイティブな人々は以前から、もっとクリエイティブな打開策を、もっと頻繁に生み出せる方法を知っています。 マッカーサー・フェロー(独創性や創造性をもつ人々に贈られる奨学金)を贈られた経歴をもつ振付師のLiz Lermanさんも、その1人です。 私は、クリエイティビティについての本を執筆するため、Lermanさんにインタビューしたことがあります。 クリエイティビティを活用し、結果を生む方法についての彼女の提案を、ビジネスの世界で使えるよう少し補足しましたので、いくつかご紹介しましょう。

【関連記事】