Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

香川真司が4試合ぶりの出場も屈辱のHT交代…サラゴサは劇的同点弾で最下位ラシンとドロー

配信

SOCCER DIGEST Web

トップ下で45分間プレー

 現地時間2月29日に開催されたラ・リーガ2部の第30節で、香川真司が所属する現在2位のサラゴサが、最下位のラシン・サンタンデールと敵地で対戦した。 【プレミアリーグPHOTO】南野も参戦!香川、岡崎などプレミアリーグでプレーした日本人特集!  4-2-3-1のトップ下で先発した香川は、故障で途中交代した26節のフエンラブラダ戦以来、4試合ぶりの出場となった。  首位カディスを1ポイント差で追うサラゴサは前半、ラシンの守備網を破れず、決定機を作り出せない。香川もなかなかボールに絡めず、ハーフタイムでソロとの交代を余儀なくされた。  57分にセフードのゴールで先制を許したサラゴサは、その5分後にMFグティが胸トラップから右足を一閃。強烈なミドルを突き刺し、同点に追いつく。  76分にPKで再びリードを許し、敗色濃厚だった90分、敵の退場で数的有利に立つと、ソロのFKから途中出場のMFブランコがヘッドで合わせて、再びタイスコアに。劇的な同点弾で何とか勝点1をものにしたサラゴサは、無敗記録を「9」に伸ばしている。 構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【関連記事】