Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【鉄道・今日は何の日?】宇和島駅開業、当時は軽便鉄道の「小さな終着駅」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
乗りものニュース

 1914(大正3)年の10月18日。現在の予讃線における終点、宇和島駅が開業しました。 【写真】宇和島行きの1両だけの「新幹線」!?  香川県の高松駅と愛媛県の松山駅、宇和島駅をおおよそ海沿いに結び、“四国一の幹線”としても過言ではない予讃線。しかしその終点である宇和島駅は当初、違う路線の駅として誕生しています。  この10月18日、宇和島鉄道が宇和島~近永間で開業しました。近永駅は現在の予土線の駅です。つまり、全線を通して運転される列車が1日わずか7往復弱しかなく、“四国一のローカル線”としても過言ではない現在の予土線の駅として、宇和島駅は誕生しています。  高松~宇和島間が全通し、宇和島駅が現在のように“予讃線の終点”になるのは1945(昭和20)年6月20日のことです。

今日なに担当

【関連記事】