Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

がんばってるのにスコアが伸びない! 現状を打破するためにシングルさんがそっと教える「スコアカードをつけないゴルフ」のススメ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

頑張ればがんばっただけスコアが伸び、ゴルフが楽しくて仕方ない! そんな時期を超えた先に待っていがちなのが、いくらやってもスコアが伸びない停滞期。この時期をどう乗り越えたらいいのか、関東在住匿名5下シングル氏に聞いた。

ときにはスコアを気にせずプレーを楽しもう。意外な発見があるかも……?

マジメにゴルフに取り組んでいるのに、まったく結果が出ない時期があります。スランプってやつですね。私にもそんな時期がよくありますが、とくに90を切ったくらいのゴルファーがよく悩む症状でもあります。80台が出たから、次は70台だ! と意気込んでがんばっているのになかなかベストスコアが更新できず、気合が入りすぎて100を叩いちゃったりする。 こういうときって、たいていスコアカードとにらめっこしてたりするんですよね。出だしのホールでダボを打って「今日はもう終わりだ!」なんて思っちゃったりするのは、たいていこの時期です。そこでおすすめしたいのが、スコアカードをつけないゴルフです。これはすごく効果があります。 せっかくのゴルフなのに、スコアをつけないなんてもったいない! と感じるかもしれません。しかし大丈夫。ゴルフって、芝の上にある白い球を空中高くに飛ばして狙ったところに運ぶ、ただそれだけで楽しいものです。 スコアカードはポケットにしまったまま。そのうえで、思いっきりプレーを楽しむんです。具体的には、普段、スコアを出すゴルフならしないことをする。なんでもないところからあえてロブショットしてみたり、10回やって2回か3回成功するくらいのショートカットを狙ったり、思い切りフックやスライスをかけてピンを狙ったり。スコアをつけないと思えば大胆にプレーできますし、肩の力も自然に抜けてくるはず。いままでどれだけスコアにこだわっていたか、それによりゴルフを窮屈にしていたかが、よくわかります。なにより楽しいですしね。 気分転換だけではなく、たとえばショートパットなどはノープレッシャーで打てることですごくスムーズに手が動くようになります。1メートルのショートパットは「右カップいっぱいを狙って、ジャストタッチで……」なんて考えず、真ん中狙いでポンと打つのが一番入るといった、大切なことを思い出させてくれます(笑)。 練習もしてる。ギアもこだわってるし、コースにも出てるけどスコアが伸びない。ストイックにゴルフをしている人にこそ、一度試してみてもらいたいですね。

みんなのゴルフダイジェスト編集部

【関連記事】