Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本平動物園、1カ月半ぶりに再開…県外からの来園は自粛呼びかけ 静岡市

配信

静岡朝日テレビ

 1カ月半ぶりとなる来園者との再会。ペンギンは小さな体で喜びを表現するように、水の中を元気に泳ぎ回ります。子どもたちも久しぶりに会う動物たちにおおはしゃぎです。 男の子(2):「キリンとか象とかシマウマとか牛とかいろいろ会えた、ぜーんぶいたよ。行きたい」

新型コロナ対策で大型扇風機も

 待ちに待った営業再開。ただ、新型コロナ対策への警戒は続いています。 小林歩記者:「猛獣館では、換気のため大型の扇風機を設置したり、普段は自由に行き来できるが、順路を設けて一方通行にする対策を取っている」  感染リスクを抑えるため、猛獣館では一方通行とし、一部を立ち入り禁止としました。他にも温度調整が必要で、十分な換気ができない爬虫類館などを閉鎖し、イベントも全て中止に。県外からの来園自粛も呼びかけています。 来園者:「人と人との距離と、あとマスクしているかどうかが一番気になる。(人が)少ないし、外だから安全かなって思っている」 来園者:「しっかりと対策をとってくれているなと、ハンドソープとかも置いてあって安心でした」

レッサーパンダは暑さで室内に避難

小林歩記者:「お昼前から太陽が照り付け始め、歩いているだけでじわじわと汗をかく気温になってきました。ハイエナは兄弟ともに暑さでぐったりしているように見えます」  きょうの静岡市は最高気温28・4度と夏日になりました。野生では最高気温25度、標高1500~4000メートルの山に生息しているレッサーパンダ。暑さは苦手です。 飼育員:「ちょっときょうは暑すぎるので、午前で中に入ってもらって、午後はゆっくりしてもらおうかなと思います」  午前中は日なたで遊んでいましたが、飼育員に誘導され、室内へと暑さから避難していきました。暑いのは動物だけでなく人間も。マスクの着用で体感する暑さは増しています。 来園者:「マスクがやっぱり暑いなとは思ったんですけど、仕方ないなと」  マスクは手放せないため、欠かせないのが、帽子の着用やこまめな水分補給です。 静岡市立日本平動物園企画係 野田邦洋主任主事:「全部再開しているわけではないですが、見られるところがいっぱいあるので、感染予防の対策をきっちりして来ていただいて楽しんでいただけたら、うれしく思う」