Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

横浜市が文化芸術活動の支援策発表 給付金申請受付&臨時相談センター設置

配信

CINRA.NET

横浜市による文化芸術活動への支援策が発表された。 横浜市は「横浜市文化芸術活動応援プログラム」の実施と「文化芸術創造都市横浜・臨時相談センター“YES!”Yokohama Emergency Support for the Arts」を開設。「横浜市文化芸術活動応援プログラム」は新型コロナウイルス感染拡大の影響で経済的に厳しい状況にある芸術家や文化芸術分野の事業者が活動を継続していくことができるよう、事業再開に向けた準備活動や現在の状況下でも実施可能な文化芸術活動への支援金を給付するもの。給付額の上限は30万円となり、5月28日から6月10日まで同プログラムのオフィシャルサイトで申請を受け付ける。 【もっと大きな画像を見る】 アーツコミッション・ヨコハマに開設された「文化芸術創造都市横浜・臨時相談センター“YES!”Yokohama Emergency Support for the Arts」は、税理士などの相談員による臨時相談センター。横浜市内在住、または市内に活動拠点を置くアーティスト、クリエイターらからの、資金、法律・契約、活動の継続や再開、中止や延期によって生じる課題などの計画といった様々な相談に応じる。対象者の例として、アーティスト、デザイナー、舞台技術者、各種ディレクター、コーディネーター、ライター、映画館やギャラリー経営者らが挙げられている。オンラインで相談申込を受付中で、2021年3月まで実施予定だ。

CINRA.NET

【関連記事】