Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野村克也さん一家、複雑な家族構成ゆえ相続も一筋縄ではいかない

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

「コロナの影響で、予定されていたお別れ会は延期されたまま。追悼試合の目処も立たず、おそらく今シーズンのプロ野球が終わってからになるでしょう」(球界関係者) 【図解】野村さん一家の複雑な家系図

 今年2月、84年の生涯に幕を閉じた野村克也さん。日本球界を支える人材を多数育てたカリスマだけに、どれだけ延期してもお別れ会や追悼試合は必ず開催されるはずだ。ただ、それらは延期できたとしても「相続」の手続きは待ったなし。相続実務士の曽根恵子さんが話す。

「借金があるならば『相続放棄』は亡くなって3か月以内に行う必要があります。また、『相続税』の支払いは死後10か月までに済まさないと延滞税がかかる。それまでには相続人が話し合って、遺産分割を済ませないといけません」

 選手・監督時代の年俸や、解説者としての報酬などで野村さんの生涯収入は約50億円といわれている。終の棲家となった東京・田園調布の豪邸も遺した。

「2017年に急逝した妻の沙知代さん(享年85)が2001年に脱税容疑で逮捕された際、所得隠しは約6億円にのぼりました。沙知代さんが遺した財産も相当な金額だったと考えられます」(国税担当記者)

 野村夫妻の場合、大変なのは遺産の多さだけではない。その家族関係の複雑さから、相続は一筋縄ではいかなそうなのだ。

 沙知代さんとはお互いに再婚だった野村さんには、4人の息子がいる。まずは沙知代さんの連れ子の団野村氏(63才)とケニー野村氏(61才)。2人は野村さんと養子縁組をしている。さらに沙知代さんとの間の実子が、現在プロ野球のコーチを務める野村克則氏(47才)だ。

「野村さんと前妻との間にも息子さんがいます。ただ、前妻の死後、この息子さんが野村さんの自宅を訪れたところ、沙知代さんに追い返されたそうです。おそらく現在の野村家と接点はほとんどなかったのではないでしょうか。

 また、ケニー氏は沙知代さんや兄の団氏と絶縁状態だったようですが、野村さんの仲介によって和解したと聞きました」(前出・球界関係者)

【関連記事】