Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍で混沌とするドラフト戦線。 現地点での上位候補は?

配信

webスポルティーバ

2020年のプロ野球ドラフト展望を語るにあたっては、いくつもの「クエスチョンマーク」をクリアしなくてはならない。 明石商・中森俊介は155キロが目標。奥川恭伸の動画鑑賞で気合い注入 ・大学野球の秋のリーグ戦が予定どおり開催されるか? ・大学野球の秋のリーグ戦が開催されたとしても、プロ野球のスカウトが視察できる状況になっているのか? ・一部メディアで報道された高校球児対象のトライアウト合宿は実施されるのか? ・ドラフト会議の日程(11月5日予定)は社会人の都市対抗野球大会(11月22日~12月3日)よりあとになるのか? また、大会そのものも開催できるのか?  新型コロナウイルス感染症の終息の見通しは完全には立っていない。上記のイベントがすべて中止になる可能性すらある。  また、6月19日開幕のプロ野球にしても、感染状況によっては中断される可能性もゼロではない。シーズンがまともに送れなければ、プロ側も戦力の見極めが困難になり、戦力外通告を受ける選手が減るかもしれない。となると、当然ドラフト会議で指名する人数にも影響してくる。  生命が脅かされる状況であれば、スポーツが二の次、三の次になるのはやむを得ない。現時点でのドラフト戦線は最悪の事態を想定したほうがよさそうだ。  近年の清宮幸太郎(早稲田実→日本ハム)、根尾昂(大阪桐蔭→中日)、佐々木朗希(大船渡→ロッテ)は高校2年秋時点で「1年後のドラフトの目玉になるだろう」と目されていた。だが、今年の高校生は好選手こそいるものの、昨秋の時点で目玉になりうる大物はいなかった。

本来であれば今春以降に急成長を見せ、ドラフトの主役になる人材が現れても不思議ではなかった。今春の選抜高校野球大会には、投手なら中森俊介(明石商)、高橋宏斗(中京大中京)、小林樹斗(智辯和歌山)、川瀬堅斗(大分商)。野手なら西川僚祐(東海大相模)、内山壮真(星稜)、来田涼斗(明石商)、細川凌平(智辯和歌山)といった好素材が出場予定だった。  また、夏の甲子園という高いレベルで自分の力を試す舞台を失い、大学進学や就職に進路を転換している有望高校生は例年以上に増えているようだ。  昨秋時点での評価が軸になるなら、今年は大学生がドラフトの主役になるだろう。とくに野手に魅力的な選手が数多くいる。  底知れないスケールを感じさせるのは、佐藤輝明(近畿大)だ。身長187センチ、体重92キロの体から悠然と構え、バットを天に突き上げるようなスイングには夢がある。足が速く、肩も強いため大学の大先輩である糸井嘉男(阪神)と重ねる報道も目につく。  だが、佐藤の場合はハイレベルな走攻守のなかで打撃の豪快さが突き抜けた個性になっている。昨年時点で「間違いなくドラフト1位で指名される選手になるでしょう」(日本ハム・大渕隆スカウト部長)という評価もあった。  とはいえ、昨年時点で本人も「ホームランはもうちょっと打ちたかった」と語ったように、3年間を終えてリーグ戦通算本塁打は11本。関西学生リーグでは群を抜いているものの、やや物足りない数字に映る。最終学年での大爆発を期待したいところだったが、機会は限られそうだ。

【関連記事】