Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

EXILEのDNAを継承し、新しい形のエンタメを目指す。『LIVE×ONLINE IMAGINATION』6日目にFANTASTICSが登場!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エムオンプレス

■「モニター越しではありますが、皆さんの声、ちゃんと聞こえてます!」(FANTASTICS・八木勇征) オンラインならではの演出や映像を体験できる有料配信ライブ『LIVE×ONLINE IMAGINATION』。6日目となる9月24日には、FANTASTICS from EXILE TRIBEが登場した。 【画像】今回のライブのコンセプトは、“パフォーマンスで魅せ切る”こと この日のコンセプトは“パフォーマンスで魅せ切る”こと、そして“観ていただく方に大満足してもらう”ことだったとのこと。グループ史上最長ライブであり、初披露曲などサプライズ要素もたっぷり用意しているとのアナウンスもあり、期待が膨らんだ。 リーダーの世界、佐藤大樹を先頭にカメラの前に姿を現したメンバーが1列に並ぶと、メジャーデビュー曲「OVER DRIVE」でライブは幕を開けた。もともとパフォーマーのみのグループとしてスタートしていることもあり、同曲の間奏部分など、パフォーマンスのシンクロや華やかさに改めて目を見張った。デビューから約2年の活動を経たボーカルコンビの八木勇征、中島颯太の成長ぶりも頼もしい。盛り上げ曲として人気の高い「Tumbling Dice」では、センターでタイトに踊る堀夏喜を筆頭に、木村慧人らパフォーマーたちが表情でもカメラにしっかりとアピール。 「WHAT A WONDER」では、パフォーマー・瀬口黎弥が昨年のツアー『FANTASTICS SOUND DRAMA 2019 FANTASTIC NINE』でも披露したラップをより進化させて視聴者の目と耳を惹きつけていく。各パフォーマーのソロも組み込まれ瞬きの隙を与えなかった同曲に続けて、しっとりとセクシーな「Hey, darlin’」がスタート。レゲエ風のビートも心地よい「Overflow」(シングル「Hey, darlin’」収録曲)は、配信のコメント欄で「ずっとパフォーマンスが観たかった」という声も多かった、この日初披露の1曲だ。 ここからバラードコーナーに突入。前日リリースしたばかりの「Winding Road ~未来へ~」を、同曲を振り付けた木村のソロも交えつつ展開。さらに「ターミナル」では澤本夏輝、「The Only One」(シングル「Hey, darlin’」収録曲)では堀がソロを披露するなど、各パフォーマーをフィーチャー。「Dear Destiny」では瀬口がベッドに横たわる体制からソロで魅せ、“運命の恋”を描いた楽曲の世界観を官能的に盛り上げていった。そしてEXILEのカバー「あなたへ」では、ボーカルコンビとともにEXILEとの兼任メンバーであるリーダー2人が登場。役者としてもおなじみの佐藤が感情を爆発させるように、世界が秘めた情熱を解き放つように、それぞれ圧倒的なパフォーマンスを見せつけた。 MCでは「モニター越しではありますが、皆さんの声、ちゃんと聞こえてます!」と八木が挨拶。中島が「皆さんの心に届くように歌わせていただきます」と歌い始めたのが、グループにとって初のバラードで思い入れの深い「Believe in Love」だ。八木のミドルボイスと中島のハイトーンの質感をじっくり堪能できる同曲のあとには、パフォーマーたちによるコーナー「FANTASTICS PERFORMER SHOWCASE 7 Floors」へ。 前回の『LIVE×ONLINE』でも好評だったが、流れるようにしなやかな動きで魅了する堀、R&Bをバックにソフトに視聴者を誘う木村、ディープなヒップホップで圧倒する瀬口、レトロなディスコサウンドで踊る澤本、木村とのコンビネーションでテンション高く踊りまくる佐藤、アニメ映像を交えつつ超絶技巧を盛り込む世界と、それぞれがカラフルに個性を発揮していた。ドローンも駆使した「Can’t Give You Up」では、生ライブさながらにコメント欄に「HEY! HEY!」の掛け声が続く。ジャージの上着を脱ぎ捨てて踊る瀬口や、時折シャウトも交えながらモニター越しに視聴者を煽る八木、笑顔で盛り上げる中島と、ステージのボルテージも最高潮に。 「僕たちがアーティストになるという夢を持つきっかけであり、楽曲に勇気をもらったアーティストがEXILEさん」(中島)というコメントのあとにスタートしたのは、「I Wish For You」「Someday」「Flower Song」(いずれも初披露)といったEXILEカバーメドレー。キッズ時代にサポートダンサーとしてEXILEのライブに出演したメンバーもいることから楽曲への思い入れはひとしおのようで、「I Wish For You」冒頭ではフォーメーションのフロントに本家EXILEでもある世界と佐藤が立つなど、EXILEのDNAを継承し新しい形のエンタメとして届けていくJr.EXILEの一員としての矜持を垣間見た気がした。 このブロックを締めくくったのは、彼らがかつてフィーチャリングで参加し、のちにアルバムでカバーした「Turn Back Time」。デビュー前に急逝したFANTASTICSパフォーマー・中尾翔太を含め、夢を追うすべての人へのメッセージを込めて書き下ろされた同曲。同曲のパフォーマンス中は、中尾ゆかりの花であるひまわりの絵文字がコメント欄を埋め尽くした。 ポップな「Tarte Tatin」からは再び“魅せるFANTASTICS”の世界へ。メンバーそれぞれの個性を反映した小部屋を舞台に、ファッションに造詣の深い堀はクローゼットの服を選んだり、瀬口はカクテルを煽ったりとミュージカルのようなシチュエーションで魅了していく。続く「Every moment」ではスクリーン越しに一部視聴者も参加し、メンバーと共にタオルを手に盛り上がった。本編ラストの曲は昨年のツアーのオープニングを飾った「Time Camera」だった。 アンコールでは、10月8日にスタートする彼らの初主演ドラマ『マネキン・ナイト・フィーバー』(日本テレビ系)主題歌「High Fever」を初披露。80年代のシンセサウンドを彷彿とさせるトラックをバックに、タイトなパフォーマンスを展開していく。続く「CANNON BALL」も初披露の新曲で、こちらはサンバなどラテンフレイバーが漂うハイテンションなナンバー。同曲ではボーカルを含む全員がユニゾンで踊ったりと、一気に空気感をヒートアップさせていた。 先述の中尾に捧げるようなニュアンスを持つ1stアルバムのタイトル曲「FANTASTIC 9」では、中島の「皆さんの声を届けてください!」の言葉に誘われるように再びコメント欄にひまわりの記号が咲き、エンディングには美しいピンク色の空がスクリーンに映し出された。トータル24曲の怒涛のライブのフィナーレを飾ったのは、彼らの代表曲といえる爽快感溢れるナンバー「Flying Fish」だった。 最後のMCで口々にライブができる喜びをかみしめていたメンバーだったが「予定していたアリーナツアーが開催できなくなり悔しい思いもしていますが、これからを明るい未来にするのは僕たち自身。皆さんの前向きな気持ちも、未来を変えていくと思います。家族や仲間、恋人など身の回りのすべての人を愛して、これからも笑顔で一緒に楽しんでいきましょう」という瀬口のメッセージが胸に響いた人も多かったのではないだろうか。 メンバーがカメラの前から去ったあと、中尾が考案したキャラクター“ファン太郎”がスクリーンに登場。視聴者へ「THANK YOU SEE YOU」とメッセージを贈り、ライブを締めくくった。

エムオン・エンタテインメント

【関連記事】