Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DREAMS COME TRUE、初の配信イベントの詳細発表 イベントにあわせたアルバムの情報も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 コロナ禍で先が見えない中、常に100パーセントのものをオーディエンスに届けるという信義に基づき、ステージセットのプランニングや演出のクリエイティヴ、そしてパフォーマンスのリハーサルなどに半年ほどの期間を要することを考え、4月半ばには10月から予定していたツアーの中止という苦渋の決断をしたDREAMS COME TRUE。7月には、初の配信イベント「DREAMS COME TRUE WINTER FANTASIA 2020 - DOSCO prime ニコ生 PARTY !!! -」を発表していましたが、今回、その詳細が公開されています。  ドリカム32年目にして初となるオンライン・イベント「DREAMS COME TRUE WINTER FANTASIA 2020 - DOSCO prime ニコ生 PARTY !!! -」は、10月17日(土)19:00より実施の「幕張イベントホールのはずだった編」を皮切りに、9公演をもともと実施する予定だったツアー日程の各土曜日に開催。当初のツアーを中止した理由と同じく、100パーセントのショウこそがライヴだという基本姿勢とツアーの中止を受け入れてくれたファンへの想い、その両方を汲み取った最適解として、生配信ライヴではなく、もともと巡るはずだった各地を意識したツアー形式のオンライン・イベントとなりました。  現時点で判明しているコンテンツは、「ドリカムアコースティックライヴニコ生PARTYヴァーション」「各エリアDJコーナー」「P→★(TEMPURA KIDZ)のDJコーナー」「『DREAM CATCHER 3』よりS+AKS新パフォーマンス」など。また、ライヴ以外で表に出てくるのは非常にレアな吉田美和がMCで登場します。さらに同オンライン・イベント・ツアーに合わせてリリースされる作品『DOSCO prime』がキーになってくるコンテンツも企画段階にあるとのこと。チケットの発売は9月1日(火)より発売中。詳細は特設ページでご確認ください。  イベントの制作と並行して作業が進められている『DOSCO prime』はドリカムのヒットソング12曲にリアレンジを施してコンパイルした一枚。2019年に30周年記念イベントとして実施された、P→★(TEMPURA KIDZ))やKEITA(S+AKS)をはじめ、各エリアのDJがそれぞれのスタイルでミックスしたドリカム楽曲をスピンするというイベント〈ドリカムディスコ〉、通称“DOSCO”の盛り上がりを受け、ドリカム自身がドリカム楽曲をディスコ・チューンにリアレンジして世に放つという野心的な内容に。オール打ち込みやヴォーカル・エディットまでが施され、常に自らをアップデートしていく勇気を感じさせる、ほぼ新作、あるいはデビュー盤とも言える熱量が込められています。  7月1日発表の両A面シングル収録の、リズムトラックとシンセの音色が印象的な「YES AND NO」で、自らが自らを超えていくためのサウンドメイクを提示したように、外部のトラックメイカーには決して分け入ることのできないドリカムの森の最深部にまで手を伸ばし、踊るというスタイルに特化させた『DOSCO prime』。アルバムの情報は9月15日(火)に発表されます。

【関連記事】