Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ゆらぎ肌改善スキンケア】ボソボソ肌はキメの乱れが原因? 美肌のプロが解決策を伝授!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

連日の猛暑がやわらいだのに、肌はボソボソ、カサカサ。さらにマスク生活で吹き出物が出現……。 こんな秋口のゆらぎ肌は、症状に応じたベストなコスメとケアが重要です。今こそ肌を立て直して、秋冬に打ち勝つ体力をつけて!

教えてくださったのは? トータルビューティ アドバイザー水井真理子さん

肌を見るだけで、その人の生活習慣を見抜くほど、カウンセリングは信頼度抜群。効果実感の高い美容法で各誌で活躍中。

「ウォブクリニック中目黒」総院長 高瀬聡子先生

美容皮膚科医。親身なカウンセリングと的確な治療に定評があり、多くの女性誌や美容専門誌のほか、TV出演などで活躍。

「肌がゴワついて化粧のりが悪い」 ボソボソゆらぎの改善策は?

|紫外線の影響で代謝が低下。角質肥厚して粗くなったキメを整えて| 肌がゴワゴワ硬めで、ファンデーションののりが悪いと感じるボソボソゆらぎ。 「これは、夏の間に角質がたまって 肥厚しているから」と高瀬先生。「マスクをするため、ベタつくのを避けて保湿ケアをオールインワンで済ませている人も、 実はインナードライ肌に陥っている可能性が高いです」(高瀬先生)。 水井さんは「キメが粗く肌が弱っている ときだから、毎日の洗顔はクレイで優しく吸着。ミルキーローションで水分・油分バランスを整えて」とアドバイス。

こんな人は要注意!

■オールインワン好き ■ベタつくのを避けて化粧水止まり ■外に出かけることが多い

泡立たない洗顔料&ミルキーローションで潤いを入れ込み、キメを整えて 1 洗顔はぬるま湯で

冷たい水では汚れや皮脂を落としきれず、熱いお湯だと、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。「人の体温(約35~37℃)くらいの温度で洗顔をすると、皮脂が溶け落ちやすくなります。敏感肌は30~34℃がよいでしょう」(高瀬先生)

2 クレイ状洗顔料で皮脂汚れを優しく吸着

「皮脂や頬のザラザラ感など不要なものは、泡立たずに優しく吸着するクレイ状が好相性」と水井さん。少しずつぬるま湯を足しながら優しく全顔に広げていって。

ウィズアウトEX クレイウォッシュ&パック 220g¥4000/フェース

イエロー&ホワイトの2種のクレイを配合。

スイサイ ビューティクリア ミクロウォッシュ 130g¥1800(編集部調べ)/カネボウ化粧品

毛穴より小さなクレイがスッキリ一掃。

クロウォッシュ 120g¥4500/sunao

メイクや毛穴汚れをオフしながら、肌に潤いをチャージ。

3 ミルキーローションをハンドプレスで入れ込む

「ミルキーローションは、水分と油分をバランスよく与えつつ肌を柔らかくほぐすので、ゴワつく肌にこそオススメ」と高瀬先生。 水井さんはハンドプレスを提唱。「手の圧が肌を柔らかくするので、手のひらでとことんなじませましょう」

【関連記事】