Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〝命のとりで〟新型コロナ重症患者治療の最前線 記者が見た集中治療室(ICU)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 生命の危機に瀕した重篤な患者を24時間体制で治療する〝命のとりで〟とも呼ばれる集中治療室(ICU)。新型コロナウイルスによる重い呼吸不全の症状が刻一刻と変化する患者のそばで、感染リスクと闘いながら医師や看護師らが懸命な治療を続けていた。2月中旬以降、多くの新型コロナ感染者を受け入れてきた聖マリアンナ医大病院(川崎市)で「生と死」を分ける医療現場の最前線を記者が見た。(共同通信=杉田正史)   ▽張り詰めた空気   4月23日の正午前。案内役の藤谷茂樹(ふじたに・しげき)教授が病院別館一階の重い扉を開けると、医療機器がところ狭しと並ぶ空間が広がった。機器にはそれぞれ「コロナ専用」と記したシールが貼られている。その間には呼吸器を装着しベッドに横たわる男性の姿があった。10人の重症患者が収容されているICU。心拍数など生体情報を表示するモニターだろうか、空気が張り詰めているため、室内にピー、ピーという電子音が大きく聞こえる。

 「ここに運んできて」。感染防止用のゴーグルやマスク、防護服に身を包んだ医師が医薬品の名前を発したのとほぼ同時に、看護師が駆けだした。別の看護師は、輸液ポンプなど重要機器に囲まれる中、患者の全身管理に必要な数値をパソコンに入力していく。急いで新しいビニール製の防護具を着用する際、目元から疲労の色が見えた。   藤谷教授は「別の疾患と比べ、装備の有無と高い感染リスクが大きな違い」と話す。新型コロナは感染力が強く、防護具の着用による体力の消耗も重なり、長時間の治療は難しい。防護服を脱ぐときも細心の注意が必要で、神経をすり減らす。  ▽切り札    記者の目の前の男性患者には人工心肺装置「ECMO(エクモ)」が装着されている。正式には「体外式膜型人工肺」という名称のエクモは体外で肺の機能を代替する装置で、体から血液を取りだして二酸化炭素を除き、酸素を加えて体内に戻す仕組み。重い肺炎治療の「切り札」だ。血液の抗凝固薬や補充液の袋の間から血液が流れる管が見えた。大量の血液を取り出して再び戻すため、管は点滴用よりも太い。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS