Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【インタビュー後編】ロケ現場で目撃 “北村匠海さんの眼ヂカラ、福本莉子さんのあか抜け”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 8月14日(金)公開の映画「思い、思われ、ふり、ふられ」は、主人公4人(浜辺美波・北村匠海・福本莉子・赤楚衛二)のもどかしくて切ない、恋の青春ストーリー。この作品は神戸市内各地でロケが行われた。そこで撮影を支えた神戸フィルムオフィス代表の松下麻理さんと、神戸をロケ地として選んだ三木孝浩監督に話を聞く。 ◆神戸ロケの思い出 ――ロケの多い作品ですが、印象に残っている現場はどこですか? 三木 松下さんが素敵な場所をいっぱい紹介してくれたんですけど、大丸山公園(神戸市長田区)の高台が良かったです。観光地っぽい所ではなく、普通の住宅地の中にあって、それでいて素敵な風景を撮りたかったので。 ――松下さん、ロケ現場の様子はいかがでしたか? 松下 今作において高台は重要な場所でした。何度も登場するシーンだったので、実際にいろいろな場所へ足を運んだロケ地を監督にお見せしましたね。でも、監督が大丸山公園の高台を「いいね」と言ったときはびっくりしました(笑)。正直、そこが選ばれるとは思いませんでした。 三木 それくらい日常的で、身近なところにしたかったんです(笑)。 ◆撮影中、印象的だったキャストの素顔 ――役者さんたちの素顔、どんなことが印象に残っていますか? 松下 役者さんと監督が長い時間しゃべるのが「三木組」ならではだなと思いました。カットがかかると監督がバッ!と走っていって役者さんたちと真剣に長時間話すんです。そういう姿は、他の監督の撮影現場では見ないかもしれません。 三木 そうですかね? 現場では役者さんたちと話して、キャラクターの気分や想いを直接伝えたいなと思っています。 松下 撮影現場で、北村匠海さんの眼力がとても強いのが印象的でした。たくさんの人の中に紛れていてもすぐに分かるほど存在感があることにびっくりしましたね。それから、スタッフの中でも噂になっていたんですが、福本莉子さんがクランクインとクランクアップの間にどんどんキレイになっているなぁと。私がそう感じているだけ?と思っていたんですが、スチールのカメラマンさんも同じことを言っていました。監督はどう思いましたか? 三木 そうですね、映画の中ですごく成長したと思います。 ――では、この作品の一番の魅力を教えてください。 三木 思春期に感じる「もどかしさ」は、歳をとるほど愛おしくなるもの。そのころ悩んだことや悔しかったこと、叶えられなかったことを含め愛せるような作品だと思います。10代だけじゃなく、20代、30代、それ以上の年代の方にも観てほしい作品です。 ◆撮影地をめぐる楽しみ方も ――カップルでこの映画を観て、そのあとすぐ撮影した場所に行ってみるという楽しみ方もありますね。 松下 「date.KOBE」というサイトがあって「ふりふら」のロケ地マップを約20か所公開しています。撮影場所の紹介や撮影中の写真なども掲載中です。誰でも実際に撮影地に行って楽しめますし、写真も撮りたくなりますよね? 映画の中にあった「アオハルフォトコンテスト」のように、神戸で撮った写真をSNSでハッシュタグをつけて投稿できる形にしたいと考えています。 ――最後に、この映画に興味を持つ人に向けて、メッセージをお願いします。 三木 今、人との距離感がなかなかうまくつかめないというか、物理的な距離だけでなく、心の距離感についても考える時期だと思います。この映画を観て、あらためて人とのつながり、周りの人とコミュニケーションをとる大切さを感じてもらえればうれしいです。 ※ラジオ関西『PUSH!』2020年8月12日放送回より 配給:東宝 (C) 2020「思い、思われ、ふり、ふられ」製作委員会 (C) 咲坂伊緒/集英社

ラジオ関西

【関連記事】