Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

尾道市 [広島県] 幅広い魅力を持つ坂の街

配信

週刊東洋経済

<2020年6月13日号> 尾道は、その名を誰もが一度は耳にしたことがあるほど観光地として有名な、広島県東南部の街だ。尾道と聞けば、林芙美子の『放浪記』の一節、「赤い千光寺の塔が見える、山は爽(さわ)やかな若葉だ。緑色の海向うにドックの赤い船が、帆柱を空に突きさしている。私は涙があふれていた」、あるいは志賀直哉の長編小説『暗夜行路』での「六時になると上の千光寺で刻(とき)の鐘をつく。ごーんとなると直ぐゴーンと反響が一つ、又一つ、又一つ、それが遠くから帰ってくる。その頃から昼間は向い島の山と山の間に一寸頭を見せている百貫(ひゃっかん)島の燈台が光り出す。それはピカリと光って又消える。造船所の銅を熔(と)かしたような火が水に映り出す」などという描写があり、「文学の街」として思いをはせる人がいるだろう。

本文:1,319文字

写真:1

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込55
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

牧野 知弘 :不動産事業プロデューサー

週刊東洋経済の有料記事

PayPay残高使えます