Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

上田竜也(KAT-TUN)×重岡大毅(ジャニーズWEST)共演!『節約ロック ちょっと特別編』が7月から放送開始

配信

エムオンプレス

■「上田君が僕に新しい格闘技のワザをかけようとしているので、必要以上に“ソーシャルディスタンス”をとって撮影したいと思います(笑)」(重岡大毅) 上田竜也(KAT-TUN)と重岡大毅(ジャニーズWEST)が出演するドラマ『節約ロック ちょっと特別編』が、7月20日に日本テレビの深夜ドラマ「シンドラ」枠にてスタートする。 『節約ロック』は、大久保ヒロミの同名漫画を原作とするコメディ。上田演じる30歳にして貯金ゼロのロックを愛する独身男が、恋人を取り戻すため節約に挑む姿が描かれる。ドラマ版は2019年に同局でオンエアされた。 今回の“ちょっと特別編”は、前回放送された全10話にあらたに撮りおろした新作パートをプラス。 舞台は、ドラマ最終回終了から約1年半後の2020年7月。タカオ(上田)と、彼の恋のライバル・コウタ(重岡)は、謎の男の手によって“LOCK”(監禁)されている 「なんだこのコメディドラマにそぐわない、サスペンスフルな展開は!」と動揺するタカオに謎の男は告げる。「お前の犯した罪を思い出せ」と。 そして、タカオと稲葉は思い返す。「節約」と「ロック」に明け暮れた日々を……。いったい謎の男の真の目的とは!?  “笑撃”の展開をお楽しみに! なお、6月22日深夜放送の日本テレビ『正しいロックバンドの作り方』最終回で『節約ロック ちょっと特別編』の予告映像がオンエア。放送終了後はシンドラ公式YouTubeチャンネルでも公開される。 【ストーリー】 主人公・松本タカオは浪費癖のせいで3年間付き合っていた恋人・マキコに捨てられる。 「節約や貯金などロックではない」と抵抗しつつもマキコを取り戻すため 節約してみると、どこからか心地良い音色が聞こえてくる。 それは、“心の中の貯金箱にお金のたまる音”!? 節約とロックには意外な共通点があることに気づき、タカオは様々な節約に挑戦する。 しかしその頃、マキコに爽やか系イケメン・稲葉の影が忍び寄る。さらに仕事場では、タカオが憧れるイケイケの敏腕CMクリエイターや恐れを知らない常識外れな後輩など個性豊かなキャラクターたちが、タカオを翻弄する。 「節約」と「ロック」の間で揺れるタカオの運命は!? 上田竜也 コメント 『節約ロック』は自分の中でも、新しいことにチャレンジさせてもらえた作品で、そんな大切な作品が再び放送されると聞いて、すごくうれしく思っています。“ちょっと特別編”の脚本を読んで「また、くだらねーな!『節約ロック』らしいな!」とあの頃を思い出しました。ネガティブな思考になりがちな今の時期に、何も考えず、ただ笑って楽しんでいただきたいドラマです! “ちょっと特別編”の撮影はこれからになりますが、面白すぎる現場で、また一緒に笑いながら撮影できることがすごく楽しみです。共演してわかったんですけど、僕と重岡、相性がいいんですよね。僕らの関係性もレベルアップして、タカオと稲葉の良いコンビ感を出したいと思います。 あとは、新しい格闘技を始めたので、重岡には、ぜひ体感してもらいたい(笑)。 タカオ兄のエピソードとか、小中高生男子まで笑えるネタがたくさん盛り込まれてます。女性には、男ってくだらねーなっていう目線でも、面白がってもらえたらうれしいです。期待を裏切らないので、ぜひ! 楽しくご覧ください! 重岡大毅 コメント 『節約ロック』が“ちょっと特別編”として新作パートを交え、パワーアップして帰ってきます! 僕もめちゃめちゃうれしいです! 1年半前の撮影当時のことを思い出したんですけど、現場も楽しくて、稲葉は皆さんにいじられて面白いキャラクターになりましたし、「自分からチャレンジすると、こんな化学反応が起こるんや!」っていうことを学ばせてもらった大事な作品です。新作パートの脚本もホンマ面白かったし、早く撮影したいです。 前回より上田君との“距離”も縮まっているので、胸を借りるつもりで、今回も思いっきりやったろうと思います。でも、上田君が僕に新しい格闘技のワザをかけようとしているので、必要以上に“ソーシャルディスタンス(距離)”をとって撮影したいと思います(笑)! ポップでキャッチーなくだらなさが、皆さんのツボをつきまくるドラマなので、とにかく、まず第1話を観てほしいです。初めての方も、また観てくださる方も、きっと笑えます。 絶対に続けて全部観たくなると思います。お楽しみに! 番組情報 日本テレビ『節約ロック ちょっと特別編』 2020年7月20日(月)24時59分スタート ※Huluでも配信 キャスト: 上田竜也 重岡大毅(ジャニーズWEST) 藤井美菜 アヤカ・ウィルソン くっきー!(野性爆弾)/ 宇梶剛士 原作:大久保ヒロミ『節約ロック』(講談社『モーニングKC』刊) 主題歌:「GO AHEAD」 KAT-TUN(ジェイ・ストーム) 脚本:森ハヤシ 演出:水野格 岡本充史 大江海 音楽:カワイヒデヒロ 編成企画:前田直彦 川口信洋 コンテンツプロデューサー:岩崎広樹 チーフプロデューサー:福士睦 プロデューサー:松原浩 長松谷太郎 枝見洋子 制作プロダクション:AX-ON (C)NTV・J Storm

エムオン・エンタテインメント

【関連記事】