Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名目賃金が4ヵ月ぶり減~2次補正で野党が本気で言うべきこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月10日に放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。4月の毎月勤労統計調査で名目賃金が4ヵ月ぶりにマイナスとなったニュースについて解説した。

4月の毎月勤労統計~名目賃金が4ヵ月ぶりのマイナス

厚生労働省は9日、4月の毎月勤労統計調査の速報値を発表した。現金給与総額(名目賃金)は2019年の同月と比べ0.6%減少の27万5022円。4ヵ月ぶりのマイナスとなっている。 飯田)実質の数字も2ヵ月連続で減少ということでしたが、名目でわかりやすい部分でも減っています。 高橋)給与というのは2種類ありまして、基本給とボーナスのような臨時のものとで分かれています。その臨時のものが急激に下がったということで、基本給はほとんど下がっていないはずです。 飯田)普段はそうですよね。

記録されている数字は非正規賃金と正規残業手当のマイナス分

高橋)正規、非正規でも変わるのですが、非正規のほうはアルバイトも含むので、早く賃金が下がりがちですね。要するに正規でサラリーマンの方は、「給料が下がった」という感覚はないと思います。しかし、テレワークなどで残業時間が減ったというのは、皆さん感じているのではないでしょうか。その分だけ残業手当が少なくなっているので、こういう数字が出るのです。 飯田)なるほど。テレワークなどになると、そもそも残業という概念がないですよね。

経済全体の数字はもっと悪い

高橋)そうなのです。一般のサラリーマンの方は残業が少なくなり、残業手当が減少して、こういう数字になります。ですが、この数字は雇用されている人なので、雇用されない人を入れるともっと下がります。特に正規の人はあまり下がらないので、ほんの少ししか変化が出て来ない統計です。失業となると給料がなくなってしまうので、そこまで含めると急激に下がります。ですので、実際の経済全体ではこの数字よりさらに下がります。 飯田)下がりづらく、下がるにしても幅が小さく出る統計でも、こうやって下がっているということは、他はさらに下げ幅が大きいのですね。 高橋)賃金やこういう統計は、後になって数字が出て来ます。本当の経済はもう少し悪くなっているのです。 飯田)これは遅く出て来る典型的な数字だということになりますが、前から言われているように、遅く出て来る指標というのは上がって行くときも非常に遅いと。 高橋)そうです。 飯田)雇用の改善が安倍政権の看板のようなものであった。それも毀損して来ている。 高橋)有効求人倍率、失業率も悪くなる。雇用というのはどの国でもマクロ経済政策の一丁目一番地です。雇用さえ確保できれば、だいたいは及第点を与えていい。さらに給料も上がればいいということになります。そういうなかで、今回、給料という部分で徐々に悪化している様子が出ている。このような数字が出て来ると、給料も下がるので消費も下がり、だんだんと悪い話が出て来るようになります。

【関連記事】