Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

経済効果6464億円もあったラグビーW杯 東京、神奈川の次に入場者&売り上げ多かったのは…

配信

西日本スポーツ

 日本ラグビー協会は24日、昨年開催された第9回ワールドカップ(W杯)日本大会の成果を分析したリポートを発表し、経済波及効果は過去最大の6464億円となった。大会前の試算4372億円を大きく上回った。 【写真】つかんだからにはパンツでも離さない カメラが切り取った執念の瞬間  試合開催地の12都道府県のうち、福岡、大分、熊本の九州3県の経済効果は計482億円だった。特に大分県はパブリックビューイングなどを楽しむ公式ファンゾーンの入場者数、売上額ともに3位だった。  準々決勝を含む5試合が行われた大分県の経済波及効果は199億円。ファンゾーン入場者数は11万4901人、売上額は6952万7000円で、いずれも東京都、神奈川県に次ぐ多さだった。  大分県担当者は「対戦カードに恵まれただけでなく、県民挙げて観戦客を迎え入れ、大会を盛り上げようとしてきた成果だ」と強調した。  福岡県の経済波及効果は154億円、熊本県は129億円だった。

西日本スポーツ

【関連記事】