Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

指導者として、今、思う事。

配信

高校サッカードットコム

新型コロナウィルスによって世界や日本が脅かされています。 世界から届く悲惨な速報が連日流れ、日本にも数週間後に訪れる可能性があると学識経験者が報じています。 もちろんそうならない為に様々な対処や準備を費やし政府が4月7日に緊急事態宣言を発令しました。それだけでもいけません。この国難を乗り越えられるように日本人がひとつとなって立ち向かわなければなりません。 今、思う事は、サッカーというスポーツが新型コロナの前では無力であるということです。 医療従事者の皆さんは寝る間もなく新型コロナと戦い続けています。 学校の先生やスーパーの店員さんも新型コロナの感染リスクに怯えながらも現場に立ち続けています。総理も都知事も連日会見を行い不眠不休の毎日と察します。 他にも沢山の方々が新型コロナと戦っています。 悔しいですが、サッカーは新型コロナの前では休止することしかできません。 それはスポーツ全てです。 社会が健全に動いていて、世の中が平和であること。 そんな日常があって初めて成り立つのがスポーツでありサッカーです。 そんな当たり前の事を考えた事もありませんでした。 いつでもサッカーができると思っていました。 この歳になって初めて知ることになりました。 そんな自分が本当に恥ずかしいと思っています。 だからこそ、今まで以上にスポーツ,サッカーは社会と繋がらなくてはならないと強く感じています。 そうならなければスポーツもサッカーも消滅してしまう危機感をスポーツに携わる大人達は自覚しなければならないと思っています。 私は子ども達のサッカー指導に長年携わってきました。 サッカー技術を習得させる事は当然ですが、新型コロナウィルスに直面し、改めて、サッカーを通じて、創造する力、仲間と力を合わせる事の大切さ、相手の事や少し先の未来を想像する力、社会性等の人間性を育むことが今まで以上にスポーツやサッカーに求められる時代だと確信しました。 ITが進化すればするほど、人間同士が感じ合える時間や場所を作り出さなければならなくなったからです。

【関連記事】