Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カープ遠藤淳志が高卒3年目で初完投! 気になるあの高卒投手たちのプロ3年目は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
広島アスリートマガジン

 8月2日の巨人戦(東京ドーム)で、プロ初完投勝利を挙げた遠藤淳志。エースの大瀬良大地、クリス.ジョンソンがローテーションを外れるというアクシデントだけでなく、遠藤自身先発ローテの座を奪いながらも、不甲斐ない投球が続いていた。それだけにこの完投勝利での1勝はチームにとっても、そして遠藤にとっても大きなものとなったに違いない。 【写真】二軍で好調を維持するカープ宇草孔基が語る、プロ入り前の挫折。  高卒プロ3年目で初の完投勝利を挙げた遠藤だが、大学卒、社会人卒の投手と比べてプロ野球の世界で戦うための体づくりも要求される高卒投手にとって、わずか3年間で一軍で大きな結果を残すのは、並大抵のことではない。  ここでは過去10年間、2010年ドラフト以降カープに入団選手した投手のうち、高卒投手を数名ピックアップし、彼らがどのようなプロ3年目を過ごしていたのかを振り返ってみる。 ◆中﨑翔太・2010年ドラフト6位  後にカープ球団史上初の3連覇に守護神として大きく貢献することになる中﨑だが、プロ3年目(2013年)は17試合に登板したうち、先発として起用されたのが11試合。当時は先発投手として期待をかけられていた。  2013年4月12日の中日戦(ナゴヤドーム)でリリーフとして登板した試合でプロ初勝利を挙げると、6月8日の西武戦(マツダスタジアム)で、7回を無失点に抑える投球で先発勝利。この1勝をきっかけに、飛躍を期待された右腕だったが、シーズン終了まで7度の先発機会を与えられたがいずれも白星をつかむことができずにいた。翌2014年からブルペン要員として一軍に定着すると、以降は一度も先発のマウンドに上がることなく、リリーフ一本での勝負を続けている。 中﨑翔太・2013年成績[17試合/2勝7敗/60.1回/40奪三振/防御率5.82] 

◆戸田隆矢・2011年ドラフト3位  高卒投手ながら、1年目から一軍登板を経験するなど、早くからその能力を買われていた戸田が大きく飛躍したのが、プロ3年目の2014年のことだった。  野村謙二郎監督5年目となる2014年、前年チームとして初のクライマックス・シリーズに進出する中で、プロ4年目の中﨑翔太とともに、ブルペン陣の一員としてブレイク。シーズン途中の6月にこの年2度目の一軍昇格を果たすと以降一軍に定着。終わってみれば30試合に登板し、プロ初勝利を含む4勝2敗 防御率3.32と、3年目の高卒投手としては及第点以上の成績を残した。 戸田隆矢・2014年成績[30試合/4勝2敗/57回/36奪三振/防御率3.32] ◆高橋樹也・2015年ドラフト3位  今季左のリリーフとして存在感を見せている高橋樹也。プロ3年目(2018年)はシーズン前から大きなつまづきがあったものの、そこから這い上がり確かな歩みを進めた1年だった。  2018年の春季キャンプで故障した高橋樹は、開幕時点でも三軍に在籍。後輩のアドゥワ誠などが一軍で台頭するなど、悔しい春先を過ごしていた。しかし6月に二軍に移り、実戦感覚を取り戻していくと8月にこの年初の一軍昇格。2018年8月5日のDeNA戦でプロ初セーブを記録した。「抑えればセーブがつくという緊張感がある中で、しっかり投げ切ることができたのは収穫だったと思います」と本人が語るように、セ・リーグ連覇へと息巻くチームでの戦いは、左腕にとって貴重な経験となった。 高橋樹也・2018年成績[9試合/0勝0敗1S/21.1回/17奪三振/防御率5.91]

【関連記事】